わらじのお地蔵様がいるお寺。京都の鈴虫寺は「鈴虫説法」が聞けるよ!

わらじをはいているお地蔵様がいるお寺。それが鈴虫寺です。鈴虫の鳴き声と住職の説法をきき、感銘を受けた人が「鈴虫寺」と呼ぶようになったのがいわれだそうです。

鈴虫寺の特徴とは?

鈴虫寺は京都の西京区にあります。臨済宗の禅寺で、正式名称は「妙徳山・華厳寺」といいます。

鈴虫の音を聞いて開眼なさった台厳和尚様の鈴虫の音を皆様に聞いてほしいという思いから研究を重ねられ、今では一年中鈴虫の音色が聞こえるお寺です。

恋愛成就の人気スポットであり、行秋の紅葉のシーズンは紅葉の名所です。

鈴虫寺のお参りの仕方は、8,000匹もの鈴虫の鳴き声を聞きながら、「鈴虫説法」といわれる説法をお聞きしお参りします。

 

「鈴虫説法」の話の中身とは?

まずは、お茶・お菓子をいただきます。これは、心を楽にしてお寺との縁を結んでほしいとのことからとのことです。

説法といっても、堅苦しいお話ではなく、仏教のしきたりや禅のお話を分かりやすく楽しく笑いお聞きすることができます。楽しいなかにも、心にしみいるお話があります。

その中には、恋愛成就につながるお願いもあったりします。自分を見つめなおし、自分にあったお願いを見つける方法を教えていただけます。お話を聞いて、自分の思いをみつめなおすきっかけがみつかることもあるそうです。

説法後に、幸福地蔵菩薩様の御守り「幸福御守」(300円)などを買うことができます。

 

紅葉のシーズンは大人気!

そして書院の前に広がる立派な庭園を見ながら、お地蔵様へと向かいます。紅葉のシーズンはとてもきれいです。

お地蔵様のところについたら、心を整理し、御守りを手にもちお地蔵様にお願いをします。お地蔵様はわらじをはいてみえます。

お地蔵様が歩いて、家まで願いをかなえにきて下さるそうです。だから、名前も住所もちゃんと伝えるのです。お守りをずっと肌身離さずもっているとお願いがかなうそうです。

鈴虫寺は、山の中腹にあり、山門まで多くの人が並んでいます。それでも、たくさんの人がまた並びます。でも、待ってでもお参りしたい人がたくさんいるお寺です。

紅葉のシーズンは大行列にもなります。住職様は残業になってしまうこともあるそうです!でも、最後までちゃんとお参りさせていただけます。

説法を、たくさんの人といっしょにお聞きします。願いが成就したら、お礼参りに再び参拝します。「お礼参りの方は?」という住職様からの問いにたくさんの人が手をあげてみえます。皆さん、とてもうれしそうです。

紅葉を見ながら、寒い中並んだとしても、また訪れたいお寺「鈴虫寺」です。