【京都観光】真っ赤に燃ゆる紅葉と悠久の歴史を感じる寺社めぐり

友達と一緒に京都へ日帰り観光に行ってきました。ちょうど、紅葉が見頃のシーズン、11月の肌寒い頃の事です。さすが、京都。どこへ行っても観光客の多さにびっくりします。

JR京橋駅で京阪電車に乗り換えます。京阪電車の東福寺駅で降り10分ほど歩いたところにあるのが、東福寺です。

初めは通天橋を歩きながら紅葉を眺める

通天橋をゆっくり歩きながら真っ赤に萌える紅葉を観てきました。紅葉も見つつ、通路を歩く参拝者が、いない隙に写真を撮ったりと、なかなか忙しかったですが、紅葉の素敵な写真もいっぱい撮れました。

ここは、大手鉄道会社の広告で写真が出ていたこともあり、さすが圧巻の眺めでした。まさに絵になるとは、この事を言うのだと思います。ちなみに、通天橋と開山堂の拝観料は400円です。

 

恋愛成就で有名な「地主神社」へ!実際に恋占いをやってみると…

その後、バスで次の目的地へ行きました。清水の舞台を出て、すぐ左のところにあるのは、地主神社です。縁結びや恋愛成就で有名な神社です。

清水寺のすぐそばにあります。ここで有名なのが、恋占いの石です。10メートルほど離れた間隔で恋占いの石と呼ばれる守護石が、2つ立っています。

その片方の石から、もう一方の石へと目をつぶって辿りつくことができれば、恋が成就すると言われています。私達もチャレンジしてみました。

観光客で賑わう中、実際にやるのは、恥ずかしかったです(笑)

今回、残念ながら、向こう側の石には、辿りつけませんでした。目をつぶって真っ直ぐ歩くというのは、なかなか簡単なことではありませんでした。

友達の「ぜんぜん、ちゃう(違う)ところ行ってるで」の声で目を開くと石と石の間どころか、まったく違う方向に歩いて行っていました。

 

紅葉で綺麗な南禅寺へ行ってみたら…

またもや、バスで向かったのは、南禅寺です。日本3大門の一つと言われている、南禅寺の三門。その周りは、真っ赤に映える紅葉でとてもきれいでした。

南禅寺近くの水路閣では、記念に写真を撮りました。水路閣とは、レンガ造りのアーチ型の橋脚のことです。琵琶湖から京都市街に水を引くためのもので今でも現役で活躍していて橋の上には、水が流れているんです。

なんでも明治時代に建築されたのだとか。かなり古びていますが、趣があり、紅葉との調和が、とても素敵でした。橋の上へと登り、水が流れる様子も観てきました。

明治から現代へと、その歴史を感じます。また、ドラマやCMのロケ地として撮影でよく使われる場所なんですって。確かに、筆舌に尽くしがたい雰囲気が、漂っています。

 

最後は永観堂(禅林寺)に訪問!

最後に歩いて訪れたのは、永観堂(禅林寺)です。10分くらいで着きました。総門から入り奥へ進んでいくと拝観券売り場があります。

そこで、拝観料600円を納めます。釈迦堂から庭園を眺め、そこを通り抜け御影堂と阿弥陀堂へ進みます。真っ赤に色づく紅葉が、ここでも楽しめました。

永観堂では、多くの木々が、紅葉で色づき見どころ満載でした。放生池の周りも紅葉が赤く色づき、池に映りこむ紅葉が、また違った趣で鏡のようにきれいに反射し美しかったです。