紅葉で秋深まる嵐山を巡る大人女子の京都の旅

阪急京都線 梅田駅から向かった先は、京都の嵐山。嵐山を訪れる前に連れて行きたい場所があると友達は、言います。

というわけで、今は、そこへ向かっているところです。嵐山へ行く途中にあるらしいです。というわけで、桂駅に到着し阪急嵐山線へ乗り換えました。

嵐山駅の手前にある「鈴虫寺」を拝む

嵐山駅の一つ手前、松尾大社駅というところで降りました。そこから、山の方へ15分程歩いて着いたのは、鈴虫寺。

正式な名称は、妙徳山 華厳寺(みょうとくざん けごんじ)と言われるようです。境内の中で、一年中スズムシを飼育しているから、鈴虫寺と呼ばれるようになったのだそう。

受付で拝観料500円を支払い黄色いお守りをいただけます。靴を脱いで書院と言われるところに入ります。スズムシの音色が、響き渡っています。

確かに、鈴虫寺だわ、と思いました。ずらりとたくさん並んだ机には、これまた、たくさんのお菓子とお茶が用意されていました。

それをいただきながら、住職さんのお説法を聞きます。これが、とてもいいお話。

心が、ほっこりとなごみました。その後、表に出た私達は、両手で黄色いお守りをしっかりはさみ、入り口近くのお地蔵さんにお願い事をしました。

再び、松尾大社駅へ向かい次は、嵐山を目指します。松尾大社駅から一駅向こうが嵐山駅です。

 

嵐山に無事到着!秋は紅葉で絶景

嵐山のシンボルと言えば、やはり渡月橋でしょう。秋深まる嵐山。山々を見渡すと紅葉で紅く染まっています。

渡月橋からしばらく歩いているとお土産屋さんが、たくさん立ち並んでいます。買い物は、最後にするとして、今、向かっているのは、嵐山を代表する観光スポット、竹林の道です。

竹が、道の両側にたくさん生い茂り趣のある小道が続いています。今は秋だけど、夏に来たら長くそびえ立つ竹に囲まれるので涼しそうです。多くの青緑の竹は、まるで大きなよしずのよう。

その隙間にところどころに差し込む木漏れ日が、幻想的な雰囲気を醸し出していました。着物を着て来て、ここで写真を撮るのも様になって良さそうです。

その道中にあるのが、縁結びと子宝、学問にご利益のある野宮神社です。ここにある、亀の形をしたことから亀石と呼ばれている神石は、なでながらお祈りすると願い事が叶うと言われています。しかも、期限付き。1年以内です。

叶えたい願い事があった私達は、もちろん、なでなでしてきました(笑)また、神石を紹介する看板に願いごと達成とも書かれていて、なんとも心強いな、とも思いました。実は、私。ここでお願いした事が、叶いました。

 

嵐山オルゴール博物館ではオルゴールの魅力に触れられる

神社でのお参りを終え、次に向かったのは、京都嵐山オルゴール博物館です。オルゴールショップとカフェが、併設されています。

お土産を買うこともできますし、カフェでお茶もできます。また、ありとあらゆるオルゴールを楽しむこともできます。オルゴールの繊細な響きが、なんとも耳に心地良かったです。

寺を通して知る京都の自然(天龍寺、嵐山)

京都市内の魅力はとても一言で語り尽くせるものではありません。観光ひとつ取り上げてもそうです。ただ、そうした中で一つの切り口として、自然との共存をテーマに掲げて、市内を回ってみるのも、京都の持つ多彩な魅力の一端に触れ得る機会になると思います。

有名どころは「嵐山」「天龍寺」「南禅寺」

京都に生まれ、その後東京に移られてから京都の学校に学び、独創的な建築家となられた白井晟一さんは、京都のいい場所はほとんど寺に独占されてしまっている、とおっしゃられたことがあります。

白井さんが言ういい場所とは、自然景観と一体化されたような境内地が広がる例えば、天下の景勝地の名を欲しいままにする嵐山と天龍寺の関係、高級住宅街としても知られる南禅寺界隈と東山、そして南禅寺の関係。

こうした古刹は寺として名高いばかりか、自然との結びつき、共生の仕方にもまた、他の追随を許さない卓越性を有しているように思います。

自然との共存をテーマに、京都を観光されることを一つのモデルパターンとして、お勧めするゆえんです。

 

天龍寺について解説します

嵐山、そして天龍寺を見ていきます。嵯峨野にもほど近い立地は、その知名度の高さから言っても京都の観光名所中の名所といって過言ではありません。同時に天龍寺を訪ねれば、嵐山と嵯峨野の自然を満喫することが出来ます。

市街からのアプローチとしては、四条大宮と北野白梅町から線の出ている嵐電に人気があります。レトロな一両編成の電車は、道路との併用区間も走るため、路面電車仕立てになっていて、のんびりとした風情を楽しめます。

嵐電嵐山駅を出るとすぐ、天龍寺の参道入口です。導かれるともなく山門を潜れば、長い参道に沿っていくつもの塔頭寺院を従え、その先突き当りに白壁がまばゆい大方丈がどんと控えています。古刹に相応しい堂々とした伽藍は、いつ訪れても心が洗われるようです。

そして、この大方丈には夢想疎石作庭といわれる、大きな池水式の庭園が見事に嵐山の自然と調和しています。白井さんが、京都のいい場所はすべて寺に占拠されていると詠じたのもうなずける、素晴らしい景観です。

 

京都の良さは「自然との調和」

方丈を離れて広い境内の庭園を北門から出ますと、そこは嵯峨野の風情を今に伝える竹林の道です。緩い坂を右に左に折れれば、大河内伝次郎が私財を投げ打ち丹精込めて作り上げた大河内山荘の入口になります。この山荘に上ると京都市街を見渡すことが出来ます。こちらもまた自然との調和が見応え十分です。

参拝することで、嵐山と嵯峨野の自然景観を堪能できる天龍寺。京都には他にも、自然と調和した古刹があります。訪ねれば、寺を知るばかりか、自ずと京都の自然のよさも体験できます。寺を通して知る自然は、京都をますます好きにさせてくれるはずです。