信長の城・安土城の関連施設についてのご紹介!

信長の掲げた「天下布武」で有名な安土城。有名なお城ですが、復元されているわけでもないので見落としがちですが、いくつかの見て損のない施設がありますよ。

【安土城郭資料館】

JR安土駅南広場に位置する城郭をイメージした建物が安土城郭資料館です。ここの資料館には、織田信長の城として名高い安土城を、実物の20分の1の大きさで再現したものが展示されています。

安土城は、金箔の瓦をはじめとして、外観は5層、内部は7階で、室内は狩野氷徳の絵を用いた襖や、異国文化の調度品で飾られていたお城を伝わっています。

また、はじめて本格的な天主閣を備えた城だったともいわれています。住所は、近江八幡市安土町小中700となっています。

 

【安土城天主 信長の館】

1992年に行われたスペイン・セビリア万国博覧会において日本館の主要な展示仏として出展された、安土城の天主・最上にあたる5・6階部分を万博の終りにあたって、安土町が譲りて、追加で復元した部分も含めて、保存・展示してあります。

安土城は1579年に建てられ、世界で最初の木造の高層建築と言われています。高さは約46メートルにも及びその様は宣教師のルイス・フロイスなどを通して、ときのヨーロッパにまで伝わりました。

築城からわずか3年で焼失した城でしたが、近年に入り「天主指図」が見つかり、内藤昌氏の説に基づきて、内側の障壁画とともに、原寸大で復元したものとなっています。

5階は、正八角形をした「八角の段」と称されています。宇宙を現したとされる場所で、柱や天井は朱漆に塗装されています。

法隆寺の夢殿に似た建築の構成となっています。6階は正方形で、外側には金箔が施され、内側は黒の漆塗りとなっています。天子創世の中国の故事に起因した、道教・儒教の教義を描いたものとなっています。住所は、近江八幡市安土町桑実寺800番地です。

 

【滋賀県立安土城考古博物館】

1992年に開館した、城郭と考古を主要なテーマとした博物館です。特別史跡である安土城跡を筆頭に、観音寺城跡、瓢箪山古墳、大中の湖南遺跡(だいなかのこみなみいせき)の4件の国の史跡について、文化財建造物群の調査・研究・保存、普及活動を行う施設として設立されたものです。

以前開設されていた、滋賀県立近江風土記の丘資料館の後を受けた施設で、特別展・企画展・博物館講座などの豊富な催しが行われています。住所は、近江八幡市安土町下豊浦6678です。