京都にある「元離宮二条城」の概要(歴史・見どころ・重要文化財)について!

京都にある「元離宮二条城」。観光するならぜひ行きたいスポットの一つです。ここでは、「元離宮二条城」の概要と見どころなど詳しく紹介していきます。

二条城の概要

京都市中京区に位置しており、正式名称を「元離宮二条城」という城です。世界遺産にも指定されており、現在の二条城は、1603年(慶長8年)の徳川家康の上洛時に、宿泊所として築かれたものです。

幕末の大政奉還が行われた場所として知られていますが、徳川家康が征夷大将軍に任じられたことを祝い、家臣や公家衆などを招いた祝賀の儀を実施した場所でもありました。

また、1611年(慶長16年)には二条城の二の丸御殿にて徳川家康と豊臣秀頼が会見を行い、この会見にて秀頼の脅威を確信した家康が、豊臣を討つ決心をしたと伝わっています。

更に、三代将軍である家光の時代には後水尾天皇が行幸された城でもあります。この行幸は延べ5日間にも及び、徳川幕府の威信を天下に知らしめました。

 

国宝・二の丸御殿

現在、二条城には天守は現存せず、天守台が残るのみとなっています。代わりに住居部分の「御殿」が残されていますが、現存する城で「御殿」が残されているのは、高知城・掛川城・川越城と当二条城のみという貴重な城となっています。

殊に二条城は、唯一「御殿」として国宝の指定を受けている城となっています。江戸初期の建築様式・書院造の代表敵な建築物として、建築史上においても重要な遺構となっています。

二の丸御殿の内部には部屋が33あり、約800畳にも及ぶ広大な面積を誇ります。その御殿を彩るのは狩野派による見事な障壁画です。また、多様な欄間彫刻や飾金具によって装飾が施されており、まさに将軍の御殿にふさわしい格調を備えた建物となっています。

二の丸御殿で最も高い格式を誇る間が、大広間の一の間、二の間です。この間がまさに大政奉還が表明された場所です。上段が将軍が鎮座するスペースで、書院造りの特徴たる床の間、違棚、帳台構が置かれた一の間です。下段が臣下たる大名が並ぶ二の間となっています。

 

重要文化財・唐門

二の丸御殿の正門にあたるのが、「唐門」です。これも重要文化財の指定を受けているもので、後水尾天皇行幸の際に設置されたものです。

この唐門、切妻造の四脚門となっていて、堂々とした風格を備えた唐破風や、彩り鮮やかな彫刻を特徴としています。

大きさも、同し時代に作成された唐門の中では日本最大級とされています。この門は2013年に修復工事を終えました。檜皮葺の張替え、金箔の貼りを直し、漆部分を塗り替え、彫刻の彩色など西部に渡る修復作業によって往時の形を復活させました。

彫刻や金が仕様された飾装の金具などからは、日光東照宮を思わせる赴きも感じられる門となっています。