大阪の串カツ店舗が迷ってしまう人にオススメ!ぜひだるまへ!

大阪のグルメといえばたこやき、お好み焼きも有名でとても美味しいんですが、私は串カツが大好きです。お店はたくさんいろんな場所にあるので迷ってしまうと思います。私は基本的に道頓堀や梅田周辺を行くことが多いです。

オススメの串カツ屋は「だるま」

串カツといえば梅田にある「松葉総本店」、「いっとくやじゃんじゃん」、「だるま」など聞いたことあるお店は沢山あります。その中でも大阪に行って串カツを食べるといえば「だるま」に行きます。

梅田によく行くので、ルクアの中にある「だるま」に行きました。行きつけの美容院があって、そこの美容師さんにおすすめの場所を聞いて行きました。

そこまで広くはないお店でテーブルとカウンターがありました。私はカウンターに座って食べました。串カツで有名なのはソースは2度漬け厳禁です。大阪の人にとっては当たり前で食べる前にも店員さんに注意を受けました。

 

串カツを頼むとまずはキャベツが出てくる

早速串カツを頼みました。待ってる間キャベツを出してくれます。キャベツは串カツばかり食べていると胃もたれするので、間にキャベツを食べながら串カツを食べています。キャベツを食べるのは人それぞれでいいと思います。

私は胃もたれ防止として食べています。

キャベツはそのまま出てきます。ドレッシングで食べる訳ではなくソースにつけて食べます。キャベツも1度漬けで食べます。普通のキャベツなのに串カツを食べながらキャベツ食べると美味しいです。

 

だるまで串カツを頼むなら「元祖串カツ」は外せない

串カツでオススメなのは豚かつ、天然えび、牛タン、レンコンやチーズは必ず食べます。さらに元祖串かつは最初に食べてほしいなと思います。レンコンは食感がとてもいいです。

頼む時に一気にたくさん頼んでしまうとテーブルの上がいっぱいになってしまうので気をつけてください。さらに熱々の方が美味しいので5本ずつくらいで頼むといいと思います。お酒と一緒に飲むのをオススメします。ピッタリです。

猫舌の人は出てきた時熱々なので、舌を火傷しないように気をつけてください。

 

だるまは大阪の様々な場所に店舗を構えている

だるまはたくさんの場所にあります。梅田以外にも道頓堀にあるだるまにも行きます。そこには大きな看板のおじさんがいます。ちょっと怖めな顔のおじさんです。とても有名なので今流行りのインスタ映にもなると思います。ぜひ写真を撮ってほしいですね。

そこのお店は1階はカウンターで2階はテーブル席になっています。梅田よりも広い店舗なのでお客さんの回転も早く、並んでいてもすぐに入れます。

人気店なので有名人のサインが沢山ありました。串カツもどれも美味しいので自分に合った好きな串カツを存分に味わって欲しいです。串カツのお店で迷ったらぜひだるまに行ってみてください。

兵庫に位置する「スターバックス神戸異人館店」ぜひ行ってほしい魅力をご紹介!

兵庫県神戸市にある歴史あるとてもレトロなスターバックスについて紹介します。

普段よく行くスターバックスは普通のオシャレなカフェだと思うんですが、神戸市にあるスターバックス神戸北野異人館店は、建物が洋風で二階建ての建物です。ほかと違った神戸では有名なスターバックスです。

スターバックス神戸北野異人館店へのアクセス方法

場所的には三宮駅から徒歩で行ったんですがその道のりが大変でした。駅から真っ直ぐの道なのに途中から急な坂道を登っていきます。運動不足な人はちょっとキツいかも。

私も運動不足で体力があまりないのでスターバックスについた時には汗だくで、足が筋肉痛になりそうなだるい感じになりました。

普通の坂ではなく結構急なので行く人はタクシーなどの乗り物に乗った方が楽だと思います。歩きでもそんなに遠いところではなく10分くらいで着きました。その10分が急な坂道なので遠く感じました。

 

建物の内装はレトロチック。歴史を感じる場所

建物の中に入るととてもレトロな雰囲気です。建てられたのが1907年で建築当初は米国人が所有してたそうです。天井が高く2階には部屋が分かれていて様々な雰囲気を味わえます。

家具や小物などもとてもおしゃれで過去にタイムスリップしたみたいな感覚になりました。私が行った時はとても空いていて1階の窓際の席に座りました。レジのあるカウンターもおしゃれでとても綺麗で、店員さんも気さくに話しかけてくれるのでとても良かったです。

一人で行ったので不安な気持ちがあったんですが、居心地のいい空間で1人ででもゆっくり出来ると思います。土日など混む時期や時間帯などによっては1階が満席になってしまうことがあるので、平日の昼以降なら人も少ないと思うのでゆっくり出来ると思います。

とても人気店なので若い方や観光客でいっぱいになると思います。私が飲んだのはキャラメルフラペチーノを頼みました。

普段行ってるスターバックスで飲むよりもここで飲んだ方が美味しく感じました。レトロな雰囲気が好きな人でカフェが好きな人にオススメします。

 

坂を上ってからのコーヒー1杯が絶品

個人的には坂を登って苦労したあとの甘いものはさらに美味しく感じました。他に色々ケーキなども沢山あって三時のおやつにぴったりだと思います。

ショーケースに並んだケーキをみてとても美味しそうでした。そのときは私はご飯後だったので飲み物だけだったんですが、機会があったらまた行ってみてケーキと飲み物でゆったりのんびりしたいと思います。

なかなか行ける距離ではないので神戸に行った際にはまた坂を登ったスターバックスに行きたいと思います。1度は訪れてもいい場所だと思います。

奈良に行ったら絶対食べたい!「高速餅つき」で有名なお店「中谷堂」の絶品よもぎ餅

先日、奈良で同窓会に参加したときのこと。帰り道に、奈良を訪れたときにいつも立ち寄る「中谷堂」に寄り道をして、おやつを食べました。

「中谷堂」。テレビ東京「TVチャンピオン」の「全国もちつき王選手権」で優勝した、絶品よもぎ餅のお店です。「高速餅つき」で有名で、関西ではテレビ番組でもたびたび取り上げられています。

今回はそんな「高速餅つき」で有名な「中谷堂」へ実際に行ったお話をしていきます。

中谷堂へ行ってみたが…

近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、東向商店街を南にぬけて、三条通りを東に少し行ったところにお店があります。

私が今回訪問したのは日曜日の午後でしたが、お店の周りは人だかり。もしかしたら、高速餅つきが見られるのでは!?と思いましたが、どうやらタイミングを逃してしまったようで、ちょっと前に終わってしまったとのことでした。

お店の前は、写真を撮る人やお店を覗き込む人等で雑然としていて、行列がどこかわかりませんが(昨年訪問したときもそんな感じでした)、なんとなく列っぽいところに並びます。

 

実際に「高速餅つき」されたお餅を食べてみると…

前に10人ほど並んでいても意外とあっという間に進み、数分で自分の番になりました。お店の方に欲しい「よもぎ餅」の個数を伝えます。てきぱきした店員さんにこちらがあわあわしながら、夫と自分の分の2つを購入。

よもぎ餅、その場で食べる用のものは、紙ではさんだだけの状態で手渡されます(今回は買いませんでしたが、お土産用のパック売りもあり)。やはりつきたて。ほんわりあたたかくて、もわっと感動的なやわらかさです。頬張ると鼻を抜けるよもぎの香りも素敵です。

中には、甘すぎず甘くなさすぎず、ちょうどよい甘さの粒あん。お店のホームページによれば、餅つきだけでなく素材にもこだわっており、よもぎ餅には「『佐賀県産』のひよくもち米、『北海道十勝産』の中でも上質な小豆、国産きな粉、『愛媛県宇和島産』のよもぎの新芽を用いている」とのこと。

いくつでも食べたくなる美味しさです。

 

残念ながら餅つきの時間帯は決まっていない

餅つきの時間は決まっておらず、高速餅つきが見たい方は当日お店まで行って、次はいつなのか聞くしかないそうです。餅つきはタイミングが合わないと見られませんが、日曜日などの多い日は1日に30回ほど餅をつくそうなので、いつもつきたて餅がいただけます。

奈良に行ったら、絶対に寄りたいお店です。

【お店の名前】中谷堂
【住所】〒630-8217 奈良県奈良市橋本町29
【TEL】0742-23-0141
【FAX】0742-23-0141
【営業時間】10時00分~19時00分
【交通アクセス】近鉄奈良駅より徒歩5分
【お店のホームページ】http://www.nakatanidou.jp

【和歌山の名産品】南高梅で作った最高級品の梅干し

和歌山と言えば、みかんも有名ですが、最高級の梅の産地でもあります。熟していない青梅は梅酒や梅ジュースを作るのに最適で、梅干しは熟した梅を漬けて作ります。

梅の歴史

梅は中国が原産で、なんと紀元前200年頃の馬王堆古墳からも梅干しが入っていたと推定される壺が発見されているくらいです。

梅干しは食用よりも、腹痛、解熱などの薬として用いられたようで、梅干しを作るときに出来る梅酢は、クエン酸豊富なので、青銅器や手つきのさび止めに使われたり、金メッキを施すときに使われたということです。

平安時代にも梅干しと昆布茶で病気を治した村上帝の話があり、戦国時代になると戦場での保存食や戦の携帯食料としてだけでなく、傷を治療したり、食中毒などの予防にと、ひっぱりだこになったのです。

ですので、戦国武将たちは梅の植林を奨励し、現在でもあちこちに梅の名所や梅干しの産地があるのですね。

 

梅干しが利用されたのは粉塵公害防止のため!?

梅干しは、熟した梅を塩漬けにして、その後日干しにしたものですが、江戸時代には今と同じ作り方になりました。また、江戸時代の銀山では、なんと、坑内の立ちこめる粉塵公害の防止のために、医師が梅肉を挟んだ防毒マスクを発案し、酸の効果で効果絶大だったそうです。

また、おしょうゆが普及する江戸中期以降までは、梅干しを日本酒で煮詰めた煎り酒が調味料として使われていましたし、お正月や節分などには、庶民はお茶に昆布と梅干を入れた福茶を飲むようにもなったのです。

 

和歌山で梅栽培が始まった理由

ということで、昔から日本人の生活に欠かせない梅です。

しかし、江戸時代の和歌山藩では、安藤直次という侍が、自分の領地である「みなべ町」でお米などの作物が育たなかったために、その土地の山に自生していた藪梅を育てれば年貢を減らすとして農民に育てさせたことから、和歌山の梅栽培が始まったのです。

徳川幕府8代将軍吉宗は、将軍になる前は和歌山藩の藩主でしたが、和歌山産の梅を絶賛したといいます。

 

「南高梅」と名付けられた歴史

そして明治時代に旧上南部村(現みなべ町)で、高田貞楠という人が果実の大きい梅を見つけて、高田梅と名付けて栽培し始め、1950年から5年調査された後、高田梅が最優良品種と認定、調査に尽力したのが南部高校の教諭だったことから、高田の高と南高をとって、「南高梅(なんこううめ)」と名付けられたということです。

南高梅は、実が柔らかくて最高級の梅干しになるのですが、実が崩れやすいために家庭で漬けるのに適しています。最近は、梅干しも梅酢もクエン酸が豊富でアンチエイジングに最適なスーパーフードとして見直されているのですが、和歌山産の梅干しは最高級品と言われています。

スーパーなどの梅干しは「調味梅干し」で、賞味期限が短いのですが、家庭で漬ける昔ながらの梅干しには賞味期限はありません。和歌山のおみやげの梅干し、また和歌山産の南高梅で漬けた梅干しをたくさんいただいて、健康になりましょう。

「和歌山ラーメン」は日本一こだわりを持った味!さば寿司と一緒に食べるのが通例?

今、大人気のご当地ラーメン。ラーメンブームは勢いが増すばかりです。

ご当地ラーメンは地域によって色々な特徴があり、ラーメンの食べ歩きをしているラーメン好きの方も非常に多いのです。

ここでは、和歌山のご当地ラーメンについて紹介します。

「和歌山ラーメン」とは?

和歌山ラーメンをご存知でしょうか?

和歌山ラーメンは地元では「中華そば」と呼ばれ、地元の多くの方にも親しまれています。

和歌山ラーメンといえば豚骨醤油が全国的に知られています。あっさり醤油にコクのある豚骨を合わせることで、まろやかでコクのある深い味わいになっています。

豚骨と鶏ガラを何時間も煮込み、白濁したスープに醤油を合わせたものです。匂いなどもなく、やさしく、くさみなどもありません。麺はやや細めのストレート麺、スープのと相性が抜群です。

豚骨醤油は主流ですが、他にも醤油味も忘れてはいけません。あっさり醤油も大変人気があります。すっきり澄んだスープになります。好みはありますが、どちらも食べてみる価値はかなりありますよ。

お値段もリーズナブルで気軽に食べれる価格帯になっています。

 

和歌山ラーメンは「さば寿司」が一緒に食べられる

和歌山ラーメンのもう1つの特徴、それはラーメンと一緒に早すし「さば寿司」が食べれること。さば寿司は和歌山県の特産品です。

テーブルの上に置いてある早すしは小さめになっていて、好きなだけ取って食べることができます。お店によって多少お値段の違いはありますが、(だいだい150円前後が多かったです)みなさん、ラーメンを待っている間や、ラーメンと一緒にほとんどの方が食べておられました。

脂ののった和歌山県特産のさば寿司は是非食べていただきたいです。お酢の酸味が更に食欲をそそり、ラーメンを美味しく食べれること間違いなしです。

ラーメンのトッピングはわりと、一般的です。薄く切ったチャーシュー、かまぼこ、メンマ、ネギなどです。

かまぼこも和歌山県の特産品です。和歌山の近海でとれる魚(えそ、グチ)などの白身の魚で作られています。特産品を2つも食べることができる和歌山ラーメンはまさに、ザ・ご当地ラーメンですね。

 

美味しいラーメン屋さんはたくさんある

和歌山県には味に自信をもったラーメン屋さんが本当にたくさんあります。ラーメンの食べ歩きも是非してほしいですね。

店主のこだわったスープには、それぞれの味があり、ベースは同じでも、こんなに味に違いがあるのとなのだと感心してしまいます。お気に入りの味を是非探してほしいものです。「ラーメン食べ歩きMAP」というものもあるくらいです。

和歌山ラーメンが日本一美味しいといわれるのがわかるような気がします。県外からたくさんのかたが、ラーメンを食べにくるのもよくわかりますね。

近江牛だけじゃない、滋賀県を訪れたらぜひ食べたい名産品とは?(近江米・鮎料理など)

滋賀県は真ん中に琵琶湖が鎮座していて、西側と東側に分かれています。昔は近江の国と言い、近江の歴史を語ると日本の歴史になるというくらい古くから栄えた場所です。

また中山道と東海道が交わる交通の要所でもあり、近江商人の故郷としても有名です。そういう土地柄の滋賀県には、信楽焼などの焼き物や工芸品などの特産品も多く、古くは穴太衆(あのうしゅう)という、寺院や城の石垣を作る石工の専門職も有名です。

しかし、琵琶湖の恵み、地の恵みではぐくまれた名産、滋賀県を訪れたらぜひ召し上がっていただきたい食べ物がたくさんあります。

オススメの食べ物は「近江牛」

ここの名産は、近江牛です。日本三大和牛のひとつと言われていますが、なんと1590年、豊臣秀吉が後北条氏の小田原城を攻めたときに、高山右近が、蒲生氏郷と細川忠興に牛肉をふるまったという話があるそうです。

そして、近江出身の蒲生氏郷が、近江蒲生日野の領地で食肉牛を飼育して、近江牛の普及に貢献したと言われています。

江戸時代は仏教の影響などで肉食は否定されて、イノシシ肉などが薬としてこそこそと食べられていたようですが、江戸後期に干し肉にされた近江牛が養生薬として彦根藩から将軍へ献上されたとか、松平定信、徳川斉昭などの大名に、味噌漬、粕漬にして贈られたことが、彦根藩の記録に残されているという、日本における最も古い食肉牛の歴史を誇っています。

 

もち米としても有名な「近江米」

琵琶湖に象徴されるように、おいしい良質の水源があるので、良いお米がとれます。「近江米」と呼ばれています。

近江米のもち米をもらったことがあり、そのもち米で作ったお餅があまりに上品でおいしかったので我が家では大騒ぎになったのですが、後で聞くと、京都の和菓子屋さんなどでも近江米の餅米を使っているということで、なるほどと思ったものです。

 

他にも「地酒」「鮎料理」「鮒ずし」「鯖ずし」が有名

そして、良質の酒造好適米の「日本晴」「玉栄」の名産地でもあり、近江盆地を取り囲む山々から流れ出る豊富な地下水で作られる、近江の地酒の種類もこれまた豊富なのです。

また、季節の鮎の飴煮、昆布巻きなども絶品ですが、実は京都の鴨川の川床で出されている鮎料理も、琵琶湖で採れた滋賀県産のものだということでした。ということで、お隣の京都で上品に出されているお料理も、元をただせば滋賀県産ということも多いと思います。

他にも、発酵させて作る珍しい鮒ずしや、鯖ずしも有名だし、最近有名になった、おたくあんとマヨネーズのコラボが絶品のサラダパン、今はない安土城を居城とした織田信長が作らせたという、赤こんにゃく、丁稚羊羹などもあります。

琵琶湖に飛来する脂ののった鴨の鴨鍋や、香りとのどごしの良さで知られ環境こだわり農産物の認証を受けた多賀そばも、ぜひおすすめしたいですね。

「食い倒れの街」大阪の代表的なグルメを簡単に紹介!

食い倒れの街と称される大阪の魅力は、食べ物がとても美味しいことですよね。大阪の食へのこだわりはとても強く、グルメな人を唸らせるほどです。そこで他の地域ではなかなかお目にかかれない大阪の代表的なグルメを、いくつか紹介していきます。

大阪なら定番の組み合わせ!お好み焼き定食

関東の人からすれば想像もつかない炭水化物豊富な料理として有名なのが、大阪のお好み焼き定食ですよね。お好み焼き定食は、お好み焼きをおかずにしてご飯を食べます。

そんな組み合わせで果たして美味しいのかと思ってしまうところですが、ソースの味がご飯と絶妙にマッチし、とても美味しいと感じられるのですから不思議です。

焼きそばをおかずにご飯を食べる人もいますが、感覚的にはそれと同じようなものなのかもしれませんね。

大阪にはメニューにお好み焼き定食があるお店も多く、注文すれば目の前にある鉄板でお好み焼きを焼いてくれます。出来立てのお好み焼きをすぐ食べられますし、ご飯と合わせればその濃厚な味を十分堪能できます。

 

ソースの二度漬け禁止がメジャー化した串カツ

大阪を代表するグルメとして忘れてはいけないのが、なんといっても串カツですよね。串カツはソースの二度漬け禁止というルールが全国にまで轟いており、串カツといえば大阪が即座に思い浮かぶ人は多いでしょう。

この串カツの魅力は、ただ単に美味しいだけではなく、さまざまなラインナップがある点です。串に刺していれば何でもOKとばかりに、肉、魚、野菜と食材の種類を問わない串カツが、大阪ではお目にかかれます。

そのため、串カツ屋に行ったら何を注文するのか選ぶ楽しさがあり、そこもまた串カツの良さになっています。また、昔ながらの串カツ屋に屋台と、情緒ある雰囲気の中食べられるというのも串カツを食べる良さです。

 

大阪といえばやっぱりたこ焼き

大阪ほどたこ焼き激戦区のエリアが他にあるでしょうか?そのぐらい大阪のグルメといえばたこ焼きが有名ですよね。USJのすぐそばにあるユニバーサル・シティウォーク大阪には、大阪たこ焼きミュージアムがあります。

名だたるたこ焼き屋が集結していますので、大阪旅行をした際はぜひ訪れておきたい場所です。大阪のたこ焼きについて、深く知ることができるでしょう。大阪に行ってグルメを楽しむなら、まずたこ焼きは外せないですよね。

 

大阪は食の宝庫

大阪はいろいろな美味しい食べ物がある食の宝庫です。大阪のどこに行ってもグルメを唸らせるような食べ物が食べられますので、

食べることが好きな人には楽しい街です。お好み焼き定食、串カツ、たこ焼きは大阪グルメの代表的な食べ物ですので、大阪を訪れた際はぜひとも食べておきたいですね。

おすすめ!京都で行くべき立ち飲み屋3選!!

観光旅行や出張などで訪れる京都。当記事では、京都に行った際にぜひ行ってほしいオススメの立ち飲み屋をご紹介します。

木屋町ゴールデン酒場

木屋町ゴールデン酒場は、京都界隈で最も栄えているといっても過言ではない飲み屋街、木屋町通り沿いに面した立ち飲み屋さんです。客層は20~30代が多く、女性のお客さんも多いのが特徴です。

木屋町は居酒屋だけでなく、バーやクラブ等も点在しているエリアなので、オシャレでイケている若者が集まる街です。

その中にある立ち飲み屋だからなのか、オシャレなバーに集まるような若者たちが、昭和な雰囲気を醸し出している店内に所狭しと集まっています。

メニューは、じっくり煮込まれ味の染みたおでんや、その日に仕入れた鮮魚のお造り等、おいしい料理が立ち飲み屋ならではのリーズナブルな価格で提供されています。

お酒も、ビールはもちろん、焼酎、日本酒、ハイボールにカクテルと、オールジャンル揃っています。また、注文の際に都度現金払いをするので、店を出る時はそのまますぐに出られるのも特徴です。

若者が集まる昭和な雰囲気の立ち飲み屋「木屋町ゴールデン酒場」に、是非一度立ち寄ってみてください。

 

いなせや

「いなせや」は、京都駅から徒歩約5分の位置にある立ち飲み屋です。

特徴は、料理メニューの豊富さです。鮮魚のお造りや出し巻き等の定番メニューはもちろん、水ぎょうざや豚しゃぶ、お寿司など、普通の立ち飲み屋ではまずお目にかかれないメニューが多数置かれています。

ひとつひとつの料理の質も高く、どれもおいしいものばかり。値段もほとんどのメニューは400円以下で、コスパも最高です。恐らく早い時間から仕込みをされているからでしょう、提供時間もかなり早いです。

店内は、立ち飲み屋にしては比較的広く、綺麗で清潔な雰囲気です。15時から営業されていますので、休日の昼間から軽く1杯、「いなせや」で如何でしょうか。

 

もみじ

最後にご紹介するには、木屋町通沿いにある老舗の立ち飲み屋「もみじ」。

こちらの特徴は、豊富な種類の海鮮メニューです。

毎日新鮮な魚介類を多数取り揃えており、マグロやサーモンのお造りはもちろん、石鯛やうに、赤貝、海老、サザエなどのお造りも提供されています。(日によって仕入れる海鮮は異なります)

また、焼き物の海鮮や、巻き寿司等としての提供されています。人が集まる木屋町通り沿いの人気店なので、店内は常に人で溢れ、賑やかな雰囲気です。

気さくな店長も人気で、女性客も多く、また外国人観光客も多く訪れるお店となっています。たくさんの人と賑やかに飲みたい時は、「もみじ」に行ってみるのも良いかもしれません。