広くて見どころ満載の「京都御苑」と「京都御所」のご紹介!アクセス方法は?

京都御所は、春と秋だけに一般公開されていましたが、2016年から月曜日と年末年始、行事のある時を除いて通年公開されています。

京都御所までのアクセス方法

アクセスは、地下鉄烏丸線で今出川駅下車すぐです。京都御所のある京都御苑は、西は烏丸通から、東は寺町通まで、北は今出川通から南は丸太町通まであり、
京都の街中にどんと広がっています。

ここはもちろん平安時代から朝廷があったところそのままの建物とは違います。長い歴史の間に、何度も火災で焼失して現在の位置にあるのです。

 

京都御苑の現在とその歴史

現在の建物は、安政年間に江戸幕府が建てたものです。京都御苑は、外塀があって名前の付いた門を入ると、新しい迎賓館が建っていたり、林のように木が植わっていたりする場所がありますが、古地図にもあるように、江戸時代はここに公家屋敷がたくさん立ち並んでいました。

その名残は、明治天皇生誕地の建物と、神泉苑で偲ぶことが出来ます。また、あちこちに井戸が残っているというのもその証拠でしょう。

江戸時代の公家さんは、失礼ながら困窮した生活をしていたので、色々な話が残っています。京都の町の物売りは、公家屋敷の前は速足で通ったとか、御所の近くに白梅図子という名前の通りがあるのですが、それをもじって「しらみずし」と言ったとか。

また、岩倉具視は今に残る写真を見ても面構えが公家の域を脱していますが、屋敷を博徒のばくち打ちに貸した、という話まであります。

公家屋敷は、現在の同志社大学のあたりにもありましたが、残っているのは有名な冷泉家だけで、後はみな同志社大学に売ってしまったのだと、土地の古老に聞いたことがあります。

また、明治の頃に記された江戸時代に代々公家に使えた侍の口述本を読んだときのことです。明治の初め頃に、こんな広い土地が無駄になっているのはもったいないから、桑畑にして蚕を育てて西陣の織物にすればどうかという案が出たそうです。

そして実行寸前に三条実美が京都へ来たので伝えると、ちょっと待てということで辛うじて残ったということでした。明治の頃は、全国のお城が維持できずに次々と廃城になった時代でありましたが、京都御所もそうなったかもしれないというのは興味深いです。

 

京都御所は通年公開中!

今では通年公開されているので、御所内の紫宸殿や小御所などの建物も見ることが出来ます。仙洞御所のお庭も公開されているようです。

尚、なんでこんなに塀が低いのかということですが、ほとんど盗みに入る人もいなかったということのようです。それは恐れ多いというよりも、やはり前述のように、困窮していることをみんな知っていて、盗むようなものがないと思われていたからかもしれないです。

数ある京都の寺の中でもダントツの風情ある寺「勝持寺」

京都郊外の大原野に位置する勝持寺は、平安後期の歌人である西行法師が出家した寺として有名です。創建されたのはなんと679年で、応仁の乱で一度焼失したのちに再建されたという途方もなく歴史のある寺です。

勝持寺へ出家した西行法師は百人一首で有名な人

西行法師といえば、百人一首の句でも知られていますがこちらもどこかで耳にしたことがありませんか?

「願わくば 花の下にて 春死なむ その如月の 望月のころ」

この歌に詠まれている花は桜だそうですが、このような歌を詠むほど桜を愛していた西行法師ゆかりの勝持寺は、今や京都随一の花の寺として多くの人々を魅了しています。

 

勝持寺へのアクセス方法と料金

勝持寺へのアクセスですが、JR向日町もしくは阪急東向日からバスまたはタクシーでの移動となります。マイカーでは寺の駐車場まで入れますので、車で移動ができるならそちらがおすすめです。

京都市街地のような利便性のない場所ですが、その分街の喧騒から離れて静かに散策を楽しむことができます。

受付にあたる書院で拝観料大人400円を払います。開門時間は、朝9時から夕方5時(受付終了4時30分)です。

では勝持寺へご案内いたしましょう。

 

勝持寺の魅力は「建物」と「風景」が融合した美しさがあること

まず、応仁の乱の戦火をまぬがれたという仁王門をくぐり寺の入り口までの坂道を登ります。桜の美しい花の寺として有名な勝持寺ですが、実は紅葉の寺でもあり、この仁王門をぬけた白壁の道の紅葉の美しさも息をのむほどです。

中に入り、収蔵庫にあたる瑠璃光殿には重要文化財である本尊の薬師如来や同じく重要文化財である胎内仏薬師如来、仁王像などの貴重な仏像がおさめられています。それらを拝んだらゆっくりと散策開始です。

桜の頃には圧倒されるほどの美しい桜色に境内が染められています。その多くがしだれ桜でなんとも優美なたたずまいを見せてます。

約100本の桜の木がありますが、中でも鐘楼の傍らにある八重桜は西行桜と呼ばれ、西行が植えた桜の三代目と言われています。桜が満開のジャストシーズンを逃しても、二分咲きの桜も散り際の桜と葉桜の青もまた歴史ある寺の風景に溶け込んだ美しさがあり決してがっかりさせられることはありません。

せっかく大原野まで来たのなら、隣接する(といっても徒歩数分かかりますが)大原野神社にも立ち寄ってみてください。こちらも歴史ある神社で紅葉の美しさでは勝持寺と並んで人気があります。

桜の春、紅葉の秋、どちらも美しい花の寺勝持寺で西行法師に思いをはせながら一句詠むのもまた一興。次の京都旅は大原野まで足をのばしてみませんか?