大阪の花博記念公園鶴見緑地の歴史とおすすめについて!

大阪にある花博記念公園の歴史とおすすめスポットを紹介していきます。

花博記念公園ができるまで

平成2年4月、大阪府では42年ぶりとなる国際博覧会「国際花と緑の博覧会」が大阪市鶴見区で開催されました。当時としては史上最高の83ヵ国、55国際機関が参加して、世界一の大博覧会になりました。

しかし、国際博覧会開催の翌日には会場内を遊覧することができた「ウォーターライド」の転落事故が発生してしまいます。それ以降もトラブルが続き、「事故博」とも揶揄されるほどになってしまいました。

事故博と揶揄されたのが逆に知名度を上げ、結果的に9月末までには目標であった2000万人を越えて「約2300万人超」の人が訪れました。この成功の背景には、これまで行われてきた花博と一線を画していたことにあります。

環境問題を共に考えようと花博が掲げたテーマは「自然と人間との共生」。このテーマは、博覧会国際事務局も追随し、1994年の総会で「現代社会の要請に応える、今日的なテーマ」だと有することを条件に掲げました。花博の成功は、博覧会の歴史を変えたと言っても過言ではありませんでした。

花博記念公園ができるのは、「国際花と緑の博覧会」が閉幕後です。花博が開催されていたのは「鶴見緑地」という広域公園で、1970年4月に開園しました。博覧会閉幕後に公園施設の再整備や新規開設を進め、現在では花博を冠にした「花博記念公園鶴見緑地」の呼称になりました。

 

花博記念公園鶴見緑地のおすすめ

花博の閉幕後も各国のパビリオンを利用して、乗馬場や球技場、運動場、温水プール、パークゴルフ場など様々なスポーツ施設を整備しており、花博の時の国際庭園はそのまま保存しています。

創立から40年近く経っているので「老朽化」が心配されていますが、「この状態が逆にいい」というコスプレイヤーが撮影に利用され、現在では若者の人気スポットになっています。

自分的には、花博記念公園鶴見緑地のおすすめと言えば「街のエリアにある風車」です。

この風車は、花博記念公園鶴見緑地のシンボル的な存在なのですが、「風車の丘」と呼ばれている場所にあります。

風車と聞くと「オランダ」と思う人も多いと思いますが、この風車は、オランダから設計図を取り寄せて建築されたもので、花博が開催される前から存在していました。この風車の下には、たくさんの「季節の花畑」が作られており、時期によって「チューリップ」「ひまわり」「サルビア」「コスモス」など季節ごとに草花の景色を楽しむことができます。

大阪の歴史観光なら「適塾」がオススメ!建物内から見える偉人たちと塾の歴史

大阪の街はグルメや観光施設が充実していますが、歴史も古く残っている場所もあります。その中でも大阪市中央区の北浜には、適塾という多くの門下生を輩出した蘭学の私塾があります。

適塾とは?

適塾の正式名称は「適々斎塾(てきてきさいじゅく)」と言い、緒方洪庵の号の「適々斎」から由来して付けられた名前です。

1838年に 洪庵が現在の大阪市中央区にある瓦町三丁目である津村東之町に蘭学塾を開いたのが始まりとされています。1845年に現在残っている土地に移転されました。

適塾が開塾されて以来、約三千人の入門生がこの適塾に入門しています。中には慶應義塾の創設者でもある福沢諭吉や、漫画家でもあり手塚治虫の曽祖父でもある手塚良仙が門下生として入門しています。

1868年にはこの適塾が閉鎖され、現在この建物などは大阪大学が管理しています。

 

適塾の見所について

適塾は今でも比較的綺麗な形で保存されており、歴史の古い建物がそのまま残されています。1階は広い畳の教室があり、障子の向こう側には小さな中庭が広がっています。植えられている木々は今でも残っており、当時の面影を見る事が出来ます。

2階へ登る小さな階段はかなりの傾斜があり、昔の家屋の形が見て取れます。上へ登ると塾に住み込みしていた塾生たちが寝ていた大広間があります。

この場所に一人畳一枚分のスペースが与えられ、勉強や寝起きをしていました。また、成績が優秀な人から順番に場所を選べたため、部屋の隅や出入り口付近から埋まっていったそうです。

適塾の資料なども多く残っており、展示を見ながら適塾の中を見て回る事が出来ます。

 

アクセス方法や料金などについて

公共交通機関を利用する方は、地下鉄御堂筋線の淀屋橋駅から徒歩5分です。

阪急電車を利用する際は淀屋橋駅または北浜駅より徒歩5分の距離にあります。開館時間は午前10時から午後4時までなっており、月曜日・祝日・年末年始はお休みとなっています。

参観料は一般が260円、高校生または大学生が140円、中学生以下は無料となっています。

ただし、大阪大学の学生や身体障がい者の方であれば学生証や手帳の提示で無料となります。団体の方は20名以上で適用され、一般が140円、高校生・大学生などが80円と通常料金から割引されます。

団体見学の場合は、適塾のホームページより注意事項をご確認の上、電話による事前お申し込みが必要となります。

多くの塾生がこの地で学び、学者や医者として地域や社会に貢献しました。古くからある建物だけではなく、適塾の現代の日本における歴史的な意義はとても大きいものです。この機会に是非一度、適塾に訪れてみてはいかがでしょうか。

在住歴40年の大阪通がオススメする大阪で観光するならココ5選

関西でもひときわ人気の大阪。今回は大阪に40年住んでいる筆者が、大阪へ来た人にぜひオススメしたい観光地5選を紹介します。

①あべのハルカス

あべのハルカスは、日本で最も高いビルとしてオープン当初とても話題になりました。あべのハルカス展望台では、地上300mから大阪の街はもちろん、天気が良ければ、神戸市内、明石海峡大橋まで見渡せます。

今もなお、夜景をのぞめる絶景スポットとして人気健在です。最近では、展望台より更に上にある頂上部で日本初、断崖絶壁さながらのスリルな体験ができます。

また、あべのハルカスには、近鉄百貨店本店、美術館、大阪マリオット都ホテルが入っています。観光、宿泊、ショッピングの三拍子が、そろっている、とても利便性の高いスポットです。

 

②道頓堀コナモンミュージアム

くいだおれの街、道頓堀にあるのは、「道頓堀コナモンミュージアム」です。大阪のソウルフードと言えば「たこ焼き」が有名です。

コナモンの食文化と歴史を学ぶことができます。他には、実際に自分流のたこ焼きをつくる体験、たこ焼き屋のプロが作る自慢のたこ焼きも食べられます。

本物のたこ焼きさながらの食品ロウサンプルを作る体験コーナーもあります。たこ焼きの事を知り、作り、食べることができる、ひとつで3つ美味しいミュージアムです。

 

③なんばグランド花月

大阪と言えば、「笑いの聖地」でもあります。観光で訪れたら、なんばグランド花月に立ち寄りましょう。ここでは、吉本新喜劇の生舞台はもちろんのこと、若手から師匠までの漫才や落語を楽しむことができます。

年中無休で毎日公演され、吉本新喜劇も、週替わりで毎日公演されています。チケットは、あらかじめインターネットや電話で予約しておくことをオススメします。大阪のお笑いを思いっきり満喫できることでしょう。

 

④梅田スカイビル

地上173m、視界360°の空中庭園から大阪市内を望める梅田スカイビル。JR大阪駅など主要駅の集まる、いわゆる大阪の「キタ」と呼ばれるエリアにあります。

ひときわ目立つメタリックな建物です。梅田スカイビルを地上から見上げると、その独特の姿に思わずカメラのシャッターを押すことでしょう。

空中庭園展望台のみならずグルメ、美術館も入っています。宿泊施設もありますし、主要駅にも近く、どこへ行くにもアクセスは、便利でしょう。

 

⑤大阪城

日本の三名城の一つと言われているのが、大阪の街の中心にある大阪城です。歴史上の人物でもある、豊臣秀吉が築いた城と言われています。石垣とお堀が、見どころです。

徳川時代の石垣とお堀が、そのまま残されていますし、そのスケールの大きさにびっくりする事、間違いなしです。大阪城の天守閣にある展望台からは、大阪市内をぐるりと望むことができます。

また、天守閣の内部には、大阪城の歴史を紹介するミュージアムがあります。

おすすめ!京都で行くべき立ち飲み屋3選!!

観光旅行や出張などで訪れる京都。当記事では、京都に行った際にぜひ行ってほしいオススメの立ち飲み屋をご紹介します。

木屋町ゴールデン酒場

木屋町ゴールデン酒場は、京都界隈で最も栄えているといっても過言ではない飲み屋街、木屋町通り沿いに面した立ち飲み屋さんです。客層は20~30代が多く、女性のお客さんも多いのが特徴です。

木屋町は居酒屋だけでなく、バーやクラブ等も点在しているエリアなので、オシャレでイケている若者が集まる街です。

その中にある立ち飲み屋だからなのか、オシャレなバーに集まるような若者たちが、昭和な雰囲気を醸し出している店内に所狭しと集まっています。

メニューは、じっくり煮込まれ味の染みたおでんや、その日に仕入れた鮮魚のお造り等、おいしい料理が立ち飲み屋ならではのリーズナブルな価格で提供されています。

お酒も、ビールはもちろん、焼酎、日本酒、ハイボールにカクテルと、オールジャンル揃っています。また、注文の際に都度現金払いをするので、店を出る時はそのまますぐに出られるのも特徴です。

若者が集まる昭和な雰囲気の立ち飲み屋「木屋町ゴールデン酒場」に、是非一度立ち寄ってみてください。

 

いなせや

「いなせや」は、京都駅から徒歩約5分の位置にある立ち飲み屋です。

特徴は、料理メニューの豊富さです。鮮魚のお造りや出し巻き等の定番メニューはもちろん、水ぎょうざや豚しゃぶ、お寿司など、普通の立ち飲み屋ではまずお目にかかれないメニューが多数置かれています。

ひとつひとつの料理の質も高く、どれもおいしいものばかり。値段もほとんどのメニューは400円以下で、コスパも最高です。恐らく早い時間から仕込みをされているからでしょう、提供時間もかなり早いです。

店内は、立ち飲み屋にしては比較的広く、綺麗で清潔な雰囲気です。15時から営業されていますので、休日の昼間から軽く1杯、「いなせや」で如何でしょうか。

 

もみじ

最後にご紹介するには、木屋町通沿いにある老舗の立ち飲み屋「もみじ」。

こちらの特徴は、豊富な種類の海鮮メニューです。

毎日新鮮な魚介類を多数取り揃えており、マグロやサーモンのお造りはもちろん、石鯛やうに、赤貝、海老、サザエなどのお造りも提供されています。(日によって仕入れる海鮮は異なります)

また、焼き物の海鮮や、巻き寿司等としての提供されています。人が集まる木屋町通り沿いの人気店なので、店内は常に人で溢れ、賑やかな雰囲気です。

気さくな店長も人気で、女性客も多く、また外国人観光客も多く訪れるお店となっています。たくさんの人と賑やかに飲みたい時は、「もみじ」に行ってみるのも良いかもしれません。