滋賀にある「彦根城」の歴史~天守が現存して現在まで受け継がれている名城~

彦根城は、井伊氏の拠点として建てられた平山城です。城が建てられた彦根山が金亀山と異名を持っていたため、金亀城(こんきじょう)ともいわれてます。

1600年の関ヶ原の戦いの後、徳川四天王の一人井伊直政はその功績により、徳川家康より近江北東部18万石を与えられました。最初は、佐和山城に入城しましたが、佐和山は石田三成の居城であったこともあり、琵琶湖岸の磯山(現在米原市)に井伊直政により築城を計画されました。

1604年に彦根城の築城が開始する

しかし、直政は関ヶ原の戦いの怪我がもとで1602年死去したため、直継により引き継がれました。引き継がれた際、直継は幼少だったため、家老の木俣守勝が遺志を引き継ぎ琵琶湖に面した彦根山(現在の彦根市)に1604年築城が開始されました。

築城には、奉行3名つけられ尾張藩など15大名が手伝いを命じられるなど天下普請で築城されました。

築城に際しては、天守は大津城から、天秤櫓は長浜城から移築され、その他佐和山城などから資材が運びこまれ築城に用いられ築城されました。そのため、わずか2年で天守が築城されました。

1606年には2期工事まで完了し、直継が入城しました。1616年からは彦根藩のみで3期工事が開始され1622年には全ての工事が完了されました。

 

彦根城が築城された目的

彦根城は攻め落とし難い城として建てられました。その目的の一つには、江戸幕府より天皇を匿う命を受けていたからです。

また、江戸幕府の西国への備えも担っておりました。徳川の統治下の江戸時代には、軍事施設という役目は終えていきました。1854年には、天守櫓の大修理が行われ、その際石垣の半分は積みなおされるなど改修をしております。

井伊氏は加増を重ね、石高30万石となりました。そのほかにも、5万石が幕府から与えられていたので譜代大名最大の35万石となりました。幕末には、大老となった井伊直弼も藩主となるまで、この城の城下で過ごしていました。井伊氏14代の居城として彦根藩は、明治まで存続しました。

 

彦根城は廃条例を逃れた城である

明治になると、多くの城が廃条令により、取り壊し、売却されましたが、明治天皇の命により彦根城はその危機をのりこえ現在でも天守が現存する城となっています。

昭和時代には、観光のシンボルとしてソメイヨシノの苗木が植えられました。1944年に井伊家から彦根市へ彦根城及びその一帯が寄付されました。

1952年に天守と附櫓及び多聞櫓の2棟が国宝指定されています。また、馬屋は重要文化財指定物として稀少な存在であります。

現在は世界遺産登録に向けて、彦根城世界遺産登録推進委員会が設置されています。