滋賀県の琵琶湖周辺のお薦め観光スポットをご紹介

滋賀県は、国内最大の湖で有る琵琶湖が有名ですが、そんな琵琶湖周辺には数多くのお薦めスポットが有ります。

琵琶湖は周囲241kmで最大水深が103mの湖ですが、400万年から600万年前に既に存在していたとされ、琵琶湖やその周辺ではその痕跡を確認する事も出来ます。

そこで、そんな古い歴史を持つ琵琶湖とその周辺のお薦めスポットをご紹介します。

琵琶湖近くの「漁港」では新鮮な魚介が獲れている

先ず琵琶湖は湖で有りながら、実は数多くの「漁港」が存在ます。そんな漁港周辺では琵琶湖で水揚げされた新鮮な魚介類を楽しむ事が出来ます。

特に琵琶湖で摂れるアユやウナギ等の淡水魚を使った郷土料理は、淡水魚独特の泥臭さも無く、どなたでも美味しく頂く事が出来ます。

また、琵琶湖南部の大津市にある琵琶湖大橋は、橋の下を大型船が通る事が出来るように橋の中央部を高くする構造になっており、琵琶湖の湖畔を見渡す事が出来るスポットとして人気が有ります。

 

400年以上前に建築された「彦根城」

次に琵琶湖近隣のお薦めスポットをご紹介します。先ずご紹介するのは「彦根城」です。彦根城は今からおおよそ400年前に徳川家康の指示で建築された城で、日本でも数が少なくなってしまった天守閣を有する城で、日本の国宝にも指定されております。

また、この彦根城は天守閣も素晴らしいのですが、城の構造に多くの特徴を持っており城に入ってくる敵に対して様々な攻撃用の仕掛けが作られております。

主な物としては表門の上に有る天秤櫓や、敵を攻撃し易い構造の石垣等他の城では見る事が出来ない作りを楽しむ事が出来ます。

 

1,000年以上の歴史がある「比叡山延暦寺」

次にご紹介するのは「比叡山延暦寺」です。比叡山延暦寺の歴史は大変古く、西暦788年に修行僧の修行の場として作られました。

中でも世界文化遺産に登録されている根本中堂では、不滅の法灯と呼ばれる1,200年もの間消える事の無い灯りが有り、そこで修行する僧侶によって菜種油の次ぎ足しが受け継がれております。

また、この延暦寺では体験修行を行う事が出来、1時間程の軽い修行から1泊2日の修行体験迄を行う事が出来、日常生活を離れ心を落ち着かせた仏教の教えを体験する事が出来ます。

 

琵琶湖の歴史が学べる「琵琶湖博物館」

次にご紹介するのは「琵琶湖博物館」です。琵琶湖の畔に有る琵琶湖博物館では、琵琶湖に生息する淡水生物の生態を観察する事が出来ますが、ロシア原産のバイカルアザラシを見る事が出来ます。

また、館内にはトンネル式の水槽や300万年前の地層から発見された大型の像の化石等の展示も行われております。更にお薦めなのが琵琶湖で取れるビワマスや外来魚として名高いブラックバスを使ったグルメです。

一般的に口にする機会が少ない魚を使ったグルメは、琵琶湖で是非とも試して頂きたいグルメです。