京都の歴史「平安京」の名残を探してみよう!

「鳴くよウグイス、平安京」の語呂合わせで、西暦794年・平安京建設を覚えた方も多い様に、平安京が京都の街の大元であるのは周知の事です。だから京都の街路は今に至っても碁盤の目になっている事も有名です。

平安京の風景

でも現在の京都の街の様子をそのまま平安京に当てはめてしまうと、それは正確な見方とは違ってきます。

当然の事ながら、現代の様な地上○○階のビルなどはあり得ず、最も背の高い建物は当時の五重の塔であり、平安京の正面入り口である羅城門と政庁である朝堂院の建物ぐらいでした。

貴族の邸宅でも二階建てはありませんし、庶民のものなどは板葺き屋根の掘立小屋程度の建物でした。従ってその全景は、のっぺりと平たい街並みの中に時々前述の高層建築物がポツリと建っているといった感じだったでしょう。

 

平安京の位置と大きさ

そして平安京の範囲は現代の京都市街の比べると思いのほか小さいのです。京都市街地図を拡げて下さい。

広げたら、一条通り・九条通り・寺町通・葛野(かどの)大路を探して、その四本の道路を赤鉛筆でなぞります。描かれた赤線の四角形、それが平安京なのです。赤四角の外は京の都の外だったわけで、約1,200年の間に街がそれだけ発展拡大しました。

平安京の東辺の通りが東京極(ひがしきょうごく)大路、西辺が西京極大路となり、京極とは「京の極み」を意味していて、今も新京極通りや西京極の地名にその大路の名が残っています。

大路と呼ばれる道路は、道幅が約24mありました。京都市街の現代の幹線道路で、国道1号線でもある五条通りの幅員が50mですから、行き来するものが人か牛か、大きくても荷車や牛車程度だった事を考えると驚くばかりの広さです。

 

朱雀大路と大極殿

大路の中で最も重要だったのが朱雀大路です。朱雀大路は都の正門・羅城門から、政庁である大内裏の表玄関・朱雀門へ続く、謂わば都のメインストリートです。

再び地図を広げて貰えば、今の千本通りが平安京当時に朱雀大路が通っていた場所になります。

千本通りと丸太町通りの交差点付近が、公式行事で使われる天皇の玉座・高御座がある大極殿があった場所で、交差点の北西角の少し奥まった所に石碑が建っています。今の御所とは随分離れていますが、此処が御所の大元の場所なのです。

因みに朱雀の名称は、千本通りの東にある府立朱雀高等学校に受け継がれています。

 

洛(らく)とは?

平安京は唐の都・長安の形に模していますが、もう一つの有名な都・洛陽にも倣って、平安京の西半分・右京を長安、東半分・左京を洛陽と呼び習わす様になりました。

しかし、街の発展が東の左京に偏り、右京の長安が荒廃した為に洛陽が平安京全体の呼称として残り、さらに「洛」の文字だけが京の都の別称となりました。

洛外洛中・上洛などの言い回しや、洛北・洛南・洛東・洛西などの地名に今も使われています。

京都観光しながら、お連れの人にちょっとこんなお話をしましょう。「へぇ~」と少しばかり見直されるかもしれませんよ。