大阪で天気のいい日は「万博公園」へ行こう!太陽の塔にも入れるよ♪

大阪のイメージは?と聞かれれば、ヒョウ柄、たこ焼き、道頓堀などどこかにぎやかで騒がしく人が溢れているイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。大阪で生まれ育った私も、イメージ的には同じようなイメージが強いかもしれません。

そんな都会的な大阪にも自然と芸術が合わさった場所があります。それが万博記念公園です。

万博公園で有名なのは「太陽の塔」

駅に着いた時からまず目に飛び込んでくるのが太陽の塔。幼い頃から遠足やピクニックなどで何度も万博公園を訪れた地元民にとって太陽の塔は親しみがあり、誇りでもあります。憧れすら抱きます。

2018年になって太陽の塔の中に入れるようになったので、これから行かれる方は、是非予約して訪れてみてください。実際に私も中に入ったのですが、感動です。

大阪万博当時を再現された中には、当時ののまま飾られているオブジェや、太陽の塔の歴史が飾られています。当時の雰囲気や興奮が身に染みわたり、圧巻でした。

 

公園でピクニックするのも気持ちが良い

そして、予約ができなくても大丈夫。先程少し触れましたが、お弁当を持ってピクニックするのも気持ちが良いです。

新緑の季節はもちろん、花見や少し涼しくなってきた季節もおススメです。太陽の塔の麓でレジャーシートを敷いてお昼寝するのも良いですね。季節によって様々なお花畑や木々が色付きますので、お散歩するのも癒されます。

そして冬になれば毎年プロジェクションマッピングが行われます。その年によってテーマは変わるのですが、太陽の塔に直接マッピングを浮かべて、様々な表情の太陽の塔を創り出してくれます。

 

1年間で様々なイベントが開催中

グルメフェス(まんパクやロハスフェスタ)や野外フェスなどのイベントや、フリーマーケットなどなど若者や家族連れの方などでも楽しめるイベントが度々行われています。

行かれる際は、是非事前にホームページ等でイベントを調べてみてください。近くのエキスポシティでは「ららぽーと」でショッピングをしたりカフェでお茶をすることも出来ます。

また、話題のにふれるでは実際に動物に触れることができ、子供たちにとっても貴重な体験ができることでしょう。

自然いっぱいの中でご飯を食べるも良し、太陽の塔や野外フェスで音楽や芸術に触れるも良し、ららぽーとでショッピングするも良し、楽しみ方は様々です。

大阪の中心地の観光に飽きた方、仕事や学校で疲れた方、万博記念公園を訪れてみてはいかがですか?都会の騒がしさや賑やかさを忘れてリフレッシュできます。

大阪での観光が楽しい日になりますように。