eo光でWi-Fiを使いたい!無線LANルーターの設定や料金について詳しく解説中!

インターネットを利用するうえで必ず欠かせないのがWi-Fi通信です。Wi-Fi通信は無線でインターネットに繋ぐことができるため、パソコンやスマホ、タブレットなど多くの通信機器でインターネットを楽しめます。

もちろん、eo光でもWi-Fi通信が可能になっていますが、Wi-Fi通信をするためには無線LANルーターが必須となります。

当記事ではそんなeo光でWi-Fi環境を作るための無線LANルーターについて、料金を始め、設定方法やネットに接続できない場合の対処法について詳しく解説していきたいと思います。

1.eo光でWi-Fiを使うなら!無線LANルーターを準備しよう!

eo光とは、関西を中心にご自宅向けのインターネット光回線を提供している光回線事業者です。eo光が光回線を提供しているエリアは「大阪府」「京都府」「兵庫県」「奈良県」「滋賀県」「和歌山県」「福井県」という7つのエリアの一部となっています。

このeo光を使ってご自宅でWi-Fi環境を構築するのであれば、無線LANルーターが必要となります。

eo光では無線LANルーターのレンタルも行っているため、個人で無線LANルーターを購入するか、それともeo光が提供している無線LANルーターをレンタルするかの2択から選ぶことが出来ます。

そこでまずはそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介致します。

1-1.レンタルの場合

まずはeo光がレンタルを行っている無線LANルーターからご紹介致します。

eo光がレンタルを行っている無線LANルーターはかなり多機能なモデルとなっていて、無線LANルーターの機能以外にもeo光電話アダプター機能が搭載されているモデルもあります。

それぞれの機能によって月額のレンタル料金が異なるため、以下の項目で月額レンタル料金とeo光でレンタルされている無線LANルーターの機能をまとめます。

  • 有線ルーター機能:無料
  • 無線ルーター機能:96円
  • eo光電話アダプター機能:286円
  • 有線ルーター機能+eo光電話アダプター機能:286円
  • 無線ルーター機能+eo光電話アダプター機能:381円

eo光電話を利用せずにeo光のインターネット光回線のみを利用する場合は、月額レンタル料金が96円の無線LANルーターをレンタルすれば、ご自宅でWi-Fi環境を構築できます。

eo光の無線LANルーターは、最大1.3Gbpsという高速無線に対応しています。また、ご自宅にある通信機器を複数台接続することも可能であるため、スマホだけでなくパソコンやゲーム機やタブレットも複数台接続することが可能です。

こうしたeo光の無線LANルーターは2017年7月2日から12ヶ月レンタル無料キャンペーンを行っています。

無線LANルーター機能を搭載したものであれば1ヶ月あたり96円という金額のため、12ヶ月無料となるキャンペーンを適用すると1,152円お得になります。

eo光の無線LANルーターをレンタルする大きなメリットは、ご自宅にWi-Fi環境を構築する際の初期費用がかからないという点です。

ご自分で無線LANルーターを用意するとなるとおおよそ10,000円近くの予算が必要となるため、これが必要ないという点についてはメリットと言えます。

さらに現在eo光が行っているキャンペーンを適用することで12ヶ月間は無線LANルーターのレンタル料金が無料となるため、料金という面においてメリットがあります。

逆にデメリットとしては、キャンペーン期間外でeo光の無線LANルーターのレンタルを行ったりキャンペーン適用が終了してしまったりしてからは、毎月eo光の請求にレンタル料金が96円プラスされます。

他社の無線LANルーターレンタル料金に比べるとお安い金額ですが、毎月発生するのはだんだんと負担になってきます。

 

1-2.購入の場合

ご自分で無線LANルーターを購入する場合は、数多くの種類の中からお好きな一台を選ぶことが出来ます。

最大通信速度をeo光の無線LANルーターよりも高速なものにしたり、より広範囲に電波が行き渡るようにアンテナを搭載したモデルなども選んだりすることが可能となります。

ですがご自分で無線LANルーターを購入する場合には初めに料金がかかります。

無線LANルーターの機能や性能が良いものとなるとそれに比例して無線LANルーターの本体価格も高額になるため無線LANルーターに関する負担額は大きくなります。

しかし反面、毎月の無線LANルーターレンタル料金は請求されないため毎月の負担額は減ります。

レンタルをする場合も購入をする場合もどちらもメリット・デメリットがありますが、ご自分の利用スタイルに合った方を選びましょう。

もしお好みのメーカーや無線LANルーターや機能がある場合は、無線LANルーターを購入することをおすすめします。

 

2.無線LANルーターの設定方法

続いて、無線LANルーターの設定方法についてご紹介致します。無線LANルーターを利用する際の設定は、スマホやパソコンやタブレットという無線LANを受信する子機の設定と無線LANを送信する親機の設定という2種類の設定が必要となります。

子機の設定を行うためには、一般的にはまず親機のSSID(Wi-Fiの名前)を検索してパスワードを入力する必要があります。このSSIDとパスワードについては親機となる無線LANルーター本体に記載されていることが多いです。もしくは、親機に脱着可能なカードとして付属していることが多いです。

また子機と親機を接続してインターネットに繋げるためには、親機からの設定も必要となります。設定の方法は自動でインターネットに接続する場合と手動でインターネットに接続する場合の2種類に分けられるため、内容を見ていきましょう。

 

2-1.自動でインターネットに接続する場合(WPS機能)

自動でインターネットに接続する場合は、無線LANルーターに搭載されているWPS機能を使います。eo光でレンタルすることができる無線LANルーターにはWPSボタンというものが搭載されています。

ご自分で無線LANルーターを購入した場合も、WPSボタンが搭載されているものであればこの機能を使うことが出来ます。

WPS機能が無線LANルーターに搭載されている場合、パソコンからの操作はまずコントロールパネルを開いて「ネットワークに接続」をクリックするか、パソコンに無線LANの子機が搭載されている場合はタスクバーに表示されているアンテナのマークをクリックします。

そこで、eo光の無線LANルーターやご自分で購入した無線LANルーターのSSIDを探しクリックします。するとパスワード(暗号化キー)の入力を求められるため、そのタイミングで無線LANルーターのWPSボタンを長押しします。

WPSボタンを押し続け、電源ランプがオレンジ色に点滅したら指を離します。電源ランプが点滅している間は無線LANルーターとパソコンの接続をしているため、オレンジ色に点灯するまで時間をおきます。

やがて電源ランプがオレンジ色の点灯をしたら無線LANルーターとパソコンが接続された合図なので、それを確認して電源ランプが本来の緑色の点灯に変われば自動でインターネットに接続されます。

なお、前提として親機である無線LANルーターはコンセントに接続して電源を確保し、無線LANルーターのWAN端子にLANケーブルでモデムや壁に配置されているLAN端子を接続しておく必要があります。この接続は有線になりますが、無線LANルーターにLANケーブルが1本付属していることが多いです。

 

2-2.手動でインターネットに接続する場合

手動でインターネットに接続する方法も、自動でインターネットに接続する方法とパソコンの操作はほとんど同じです。

自動でインターネットに接続する時のように無線LANルーターのSSIDをクリックし、パスワード(暗号化キー)入力画面まで操作します。この時、無線LANルーターのWPSボタンを押すのではなく手動でパスワードを入力することで無線LANルーターとパソコンが無線で接続されます。

パスワードはSSIDと同じ場所に記載されていることが多いため、そちらを参照してパスワードの入力を行いましょう。なお、手動でインターネットに接続する際も親機である無線LANルーターを事前にモデム等に接続しておく必要があります。

 

3.Wi-Fiが繋がらないときはどう対処すればいい?

自動でインターネットに接続する場合でも手動でインターネットに接続する場合でも、Wi-Fiが繋がらずにインターネットに接続できないというエラーが発生することがあります。

そういった際には、インターネットに接続するスマホやパソコンのWi-Fi機能を一度オフにして、再度同じように操作を行い接続してみましょう。それでもインターネットに接続されない場合は、無線LANルーターの再起動を行ってみましょう。

これらを試してもインターネットに接続されない場合は、無線LANルーターの故障が疑われます。まずは、LANケーブルを利用した有線の環境インターネットに接続できるか試してみましょう。

有線環境でもインターネットに接続されない場合は、eo光のレンタル無線LANルーターであれば無償で交換してもらうことが出来ます。お問い合わせ先は、以下の通りです。

eoサポートダイヤル

  • eo光電話/LaLa Callから…151
  • 固定電話/携帯電話/PHSから…0120-919-151
  • 受付時間…9:00~21:00(年中無休)

 

4.まとめ

eo光でWi-Fi環境を整えるためには、無線LANルーターをレンタルもしくは購入するかのどちらかになります。メリット・デメリットがそれぞれあるので、自分好みでどちらが良いか判断しましょう。

ただし、eo光電話を利用する方は、無線LANルーターをレンタルする方が良い場合があります。(光電話とは:これまでの電話機や電話番号を変えること無く利用できて、さらに通話品質が向上し一般加入電話よりも通話料金が安くなるというメリットがあります。)

なぜなら、eo光がレンタルしている無線LANルーターにはeo光電話のアダプターがセットになったものがあり、レンタル無線LANルーター一台ですっきりと配線をまとめることができるからです。

eo光の光電話を利用する際は無線LANルーターが必須ではないものの、レンタルをすると機能を一台に集約できるという点から、できるだけ周辺機器をスッキリさせたい方はレンタルするのをオススメします。

しかし、毎月のレンタル料金やルーターのスペックが気になる方は、ご自分で購入するのが良いでしょう。

引越しする時はeo光を解約したほうがいいか?継続したほうがいいのか?キャンペーンなど

いま現在、eo光を使っている人が同じ関西エリア内で引越しする場合、「解約して新たに新規で申込むか」、それとも「継続してeo光を利用するか」。非常に迷うポイントだと思います。

解約は違約金がかかる可能性がありますが、新規で申込むとキャンペーンが受けられます。一方、継続して利用する場合は違約金や工事費などの心配は無いものの、お得なキャンペーンを手放してしまうことになります。

「eo光は引越しのときは解約か継続か」

自分でも良い感じにまとめられた記事だなぁと思っています笑 皆様の引越しのお役に立てる記事ですので参考にしていってください!

eo光の引越しについて(概要)

まずeo光を引越しの際に解約した方がいいかについてですが、場合によりますが、基本的には継続した方が楽です。解約は手間が掛かりますし、2年縛りに掛かる可能性もあります。

最近はネット回線業者のみならず携帯のキャリアなども数年間の縛りをつけて、その期間に解約すると違約金を取るようにしています。これは他社に乗り換えられないためにやっていて、eo光も例外ではありません。

なので、引越しの際にキャンペーン目当てで解約して新規に契約しようとしても、違約金の方が高いと損しかないです。手続きが面倒でお金も支払い額の方が多いとなるとやらない方が良いです。

 

解約における注意点

上述のことが解約のメリット、デメリットで、まず何年継続利用しているかということが重要になります。また、過去にキャンペーンを受け取っていたり、他社からの乗り換えでない場合はeo光の新規割が適用されないということもあります。

いったん解約してすぐに契約しても新規と見なされないということです。これは引越しの際にネット業者に確認した方が良いでしょう。いったん解約して新規のキャンペーンをもらおうというのはまったく悪いことではないので、業者側に隠す必要はありません。

それが可能なのであれば業者側も可能だと言いますし、無理なら無理と言います。ただちょっとのキャンペーンのためにいちいち解約したり契約したりするのも面倒なので、そのまま移行してしまうということがおすすめではあります。

引越しで継続した場合のキャンペーンというか割引というのが適用される期間もあるので、そういったことをホームページで確認するか業者に問い合わせるのが良いです。最近はネットの回線業者は期間ごとにいろいろキャンペーンをやって他社との差別化を図るということにかなり積極的なので、自分が変えようと思ったタイミングで調べるということが重要になります。

 

インターネットについての考え方

ネットの回線料金というのはネットの便利さに比べたら格安です。これは人にもよるのかもしれませんが、日本のネット環境というのは非常に優れていて、物価が割と高い日本であることを考えなくてもかなり安いです。

そして回線が非常に優れているので、ネット環境に関しては最高でしょう。誰でも安く非常に便利なものが入手できるので、少しくらいキャンペーンに乗り損ねて損をしてもネットがあるというだけでかなりお得です。

最近はネット上でもビジネスができてお金も稼げるので、ネットを開通させればその料金の何倍も容易に稼げるということで、またそれらの情報というのもネットを介して入手できるのでこれは最高でしょう。会社にも行く必要性が現代ではあまりないのですが、それもネットのおかげです。

 

引越しのキャンペーンについて

引越しに際していったん解約するという場合には、なるべく早く次の引越し先でも使えるようにする必要があります。継続にした方が業者側もスムーズに動いてくれるのでその方が良いのですが、キャンペーンとの兼ね合いでどうしてもいったん解約したいという場合もあるでしょう。

その場合は次の引越し先で工事業者がすぐに入るように手続きする必要があります。工事業者もいつでも手が空いているとは限らないので、早めに予約した方が良いです。キャンペーンに関しても早めに確認するということで、過去に同じような感じでのキャンペーン取得や、本当に新規で契約してキャンペーンを受け取っている場合には次はもらえないという場合もあります。

ネットが使えない期間を設けてまでわざわざ面倒な契約をしたのにキャンペーンがもらえないというのでは意味がないので、事前に確認するということです。特にネット上で仕事があるという人はネットが使えない期間があるというのは死活問題なので、必ず確認するということです。

ネットを仕事で使う人に関してはちょっとしたキャンペーンのためにわざわざリスクを選択する必要もないので、そのまま継続にすることをおすすめしますが、中にはそういったキャンペーンは損得の問題ではなく必ず受け取りたいという人もいるでしょう。その場合には綿密に計画しておくということになります。

 

解約してキャンペーンをゲットしよう!

キャンペーンをゲットしたい人は解約すべきではあるのですが、その場合はeo光に再度契約するよりは、auひかりや他のソフトバンクやドコモなどの携帯キャリアとのコラボ回線にした方が良いです。

今のところ多くの人はeo光などの昔からある回線業者に対して絶対的な信頼を置いています。そのため、最近出てきたauやソフトバンクやドコモのネット回線というのはまだシェアが低いです。自分の携帯にも勧誘の電話が掛かってきたり、家に訪問に来た人もいるかもしれません。

あれはauやソフトバンクやドコモの人ではないのですが、各社がその辺の大手企業から依頼を受けて代行しています。大手キャリアのネット回線の勧誘をしつこくやられたという人は多いでしょうが、その分、絶賛キャンペーン中です。料金自体ももともとあった回線業者よりも安く設定するようにしているのです。それにも関わらず必死に営業しなければ入れてもらえないという状況は、多くの消費者がもとの回線でいきたいという気持ちが強いからでしょう。

 

まとめ

eo光などのサービスは安くて申し分ないので、わざわざ携帯キャリアの回線に変えようとは思わないということになります。携帯キャリアもそのことはわかっているので、現在は損をしてでもシェアを伸ばそうとしています。

業者が損をするということは、消費者が得をするということで、今携帯キャリアのネット回線をひくとお得ということになります。顧客獲得に必死になっているタイミングなので、キャンペーンにも力を入れています。

勧誘はイヤだけど、結果的にはお得

営業の電話というのもかなり必死に掛けていて、サービスの有効性というのもうったえています。また、サービスがまだそれほど普及していないので、残念ながら多少のトラブルというのも事実起こっています。

トラブルといっても少し回線が滞るというくらいのことなのですが、それはサービスの始めということもあって、今後はより安定していくことが予想されます。ただ少しでもこのようなことがあるとネットではさんざん叩かれ、やっぱり新しいサービスはダメだと言われます。

しかし、実際は最初だから多少のトラブルはあるものの、今後はよりレベルアップしていくということは期待されているのです。最近は携帯回線の役割というのは薄れていて、ラインでもスカイプでも通話が可能で、これらはネット回線の方が当然有効です。電話回線の電話というのは料金もかかっていいことなしという感じになっています。

引越しは解約してキャンペーンを貰ったほうがいい

仕事上の電話でもネット電話を利用する人が増えているので、ますます電話回線は過去のものになりつつあるのです。そのことがあって携帯キャリアが掛け放題のサービスを押すというようなこともあったのですが、最近はそれもなくなってきています。

要するに電話回線離れを受け入れたということで、その代わりに大手の携帯キャリアがネット回線のサービスを打ち出し始めているのです。電話回線の現状を考えると良い選択肢ということになります。

ただこれだけ確立されている業界に今から参入するというのは至難の業で、だからこそこのように大手キャリアが苦戦しています。今後シェアを伸ばすためには今は損をしてでも顧客を取り込みたいということでやっているので、消費者としては乗っかるとお得です。

>>eo光のお得な申込み先はコチラ(トップページです)

eo光に申込み先にauショップはダメな理由

まず現代社会においては、物理的な店舗というのはほぼ無駄なものです。鮮度が命のものはもちろん話が別ですし、ファッションのようなものは試着があるので多少は物理的な店舗が意味をなします。しかしそれ以外は基本的に不要でしょう。

家電量販店なども家電は見た目よりもスペックや口コミの方が重要で、その他の商品にしてもインターネット上で購入が可能です。物理的に店舗を持つということは人件費や店舗の維持費も必要。

もちろん飲食店はある意味鮮度に関わるものですし、また楽しみというのもあります。楽しみがあるものであれば、たとえ場所の維持費や店員の人件費が無駄でもまだ良いでしょう。テーマパークなどはこの典型で、無駄とか無駄ではないということではなく、楽しいから良いということです。

auショップではeo光に申込むのはもったいない

しかしauショップに行って楽しい人というのはあまりいないでしょう。ましてやauショップでeo光の契約をしても楽しくないはずです。インターネット上で契約した方がわざわざ行かなくても良いので楽ですし、情報も得やすいです。店員が提供する情報というのは店員側にとってメリットのある情報になります。売り込むための情報というのは客観的なものではなく、なるべくメリットばかりを推してきます。

そしてそれはインターネット上にも書いてある情報ですし、むしろその中のメリットだけを抜粋したような情報なので、それを店員に聞くというのは消費者にとってはなんのメリットもないでしょう。サービスの内容というのは業者のサイトに書いてありますし、それだけではなくて、客観的な口コミというのも見た方が良いでしょう。店舗ではそれが手に入らないので、適正な判断ができるはずがないのです。

 

auショップに行くメリットはあるのか?

キャンペーンやオプションの話を店員が出してくるかもしれませんが、店員の話だけでは適正な判断ができず、損な契約を結んでしまう可能性が高いでしょう。消費者からすればauショップに行くメリットというのはまったくなく、しかも店員の人件費や物理的な建物維持費が掛かる分店舗での契約は損ということになります。

キャンペーンなども損な上に、情報も客観的なものが入手できないということなので、まさになんのために存在しているのかわからないものになります。しかも店員の対応が悪いという評判も多いのですが、それは店員がノルマの消化に焦っているからという可能性が高いでしょう。

上述のようなことというのは、情報を得ている人であればあるほどすぐに気づきます。なのでそもそも店舗に行くという時点で情報が欠落している場合が多いのです。そういうことなので、店員は積極的にオプションなどの売り込みを行います。

 

eo光はオプションは必須?←そんなことはない!

オプションは契約時はその場で付けることが可能なのですが、解約時には各オプション業者に自分で連絡しなければならないものも多いです。このようなデメリットの多い契約を結びに来るというのは情報を持たない人ということで、eo光の契約をわざわざ店舗にしに行くという時点で情報を持たない人なのです。

その人は店員のノルマ消化のための鴨になりに行くということです。店員に判断を求めるということはそもそもの間違いで、店員に情報の開示を求めるということも間違いです。インターネットで調べればもっと良質な情報が入手できるのにわざわざ質の低い情報を得るために何しに店舗に行くのか謎です。

おそらくそもそも店舗に行かない方が良いという情報を持たないからこそ店舗に行くのでしょうが、それも自己責任ということになります。知らないというのは昔は情報を得るすべが少なかったため、環境に依存したでしょう。

 

ネットで調べることを習慣化しよう

現代ではインターネットを介して自由に誰でも情報を得ることが可能です。なので、インターネットで情報を得るということは日常的に行った方が良いのです。インターネットというのは現代社会の生命線にも近いもの。

そのくらい便利なツールであるインターネットに関することであれば、知っておいて損はありません。インターネット回線業者のサービスについてもですし、他にもインターネットの仕組みそのものや、ネットワークの概念というのは知っておいたらメリットがあるということです。

 

eo光に契約にリスクは不必要!安心して申込むために

インターネットでサービスを打ち出すということは、費用を最小限に抑えることが可能なので、提供側にも消費者にもメリットがあります。無駄なコストが掛からないので、提供側の負担も減りますし、消費者もその分の料金が減ります。店舗の維持費や店員の人件費が消費者の負担になるのですが、これは完全に無駄なお金です。特にeo光の契約のために人件費の負担をするというのはもったいないです。

店舗での契約でオプションを付けなければならないというようなことは、ある意味店員の人件費を負担しているようなものです。なぜそのようなことをしなければならないのかということで、さらに店員が上から目線で話してくるという状況であれば最悪です。わざわざそのような環境に行くのではなくて、情報を得て自分で調べて契約するということになります。

何かについて知りたいという場合、基本的に人に聞く必要がある場面というのは限定されます。もちろん人に聞いた方が良い場合もあるのですが、インターネットで調べた方が早いし正確です。遊びで人と話すというように情報収集が目的ではないのであればそれはそれで楽しみとして良いのですが、そうでないのであればインターネットで検索した方が早いのでそうした方が良いです。自分で調べるということはもう習慣にした方が良いです。

なんでもすぐにインターネットで検索する人を批判する人というのもいるのですが、その人がなんでも知っているのなら良いのですが、そうではありません。そして検索する習慣というのは知識が増えて良いのでむしろつづけた方が良いでしょう。

インターネットの情報は嘘が多いという人も多いですが、それは事実です。しかし、それを比較検討して判断するという作業も情報収集にはつきものです。それを避けるためにインターネットは見ないというのではなくて、むしろ多く見て判断力を今のうちに養うのが良いでしょう。そうしていけば詐欺にあったり不利な情報に基づいて判断するということも減るでしょう。また情報を得ればお金にもなるということで、現代は非常に誰にでもチャンスのある時代です。

 

eo光は、この代理店のキャンペーンがお得!

代理店でeo光を申し込む場合はライフ・イノベーションがおすすめです。公式サイトで申し込むよりも代理店から申し込んだ方が今はメリットがあります。キャンペーンなどがお得で、無駄なオプションなどもありません。

無駄なオプションというのは明らかに消費者に対する背信的な悪意で、消費者がよくわかっていないからこそそんなものを売り込むということになります。

このように知らないからという理由で変なものを売りつけられないためには、自分で情報を得るということが必要不可欠なのです。誰かが勝手に情報をくれるということはまずないので、自分から調べるということが必須です。

こちらのページで詳しく掲載しています♪