【eo光とauひかり】料金・キャンペーン・速度・満足度で比較してみた

eo光もauひかりも大元はKDDIです。なので競合を避けているという面もあり、エリアも一部被らないようにしていますし、どちらがお得かというと、自分の使えるエリアによります。

eo光はローカル回線で関西と福井にだけ提供しているサービスです。auひかりは全国的に展開していますが、eo光との兼ね合いから関西の一部では提供されていません。ですが、その代わりにeo光ではauスマートバリューというauスマホを持っている人のお得な料金設定を行っています。

「え?eo光に加入してもauの割引が使えるなら、お得なのはどっちなの?」

このような疑問が出てきますよね。というわけで、auひかりとeo光はどちらがお得なんでしょうか?料金やキャンペーンを中心にまとめてみました。

auひかりとeo光の大まかな違い

auひかりとeo光の違いとしては、全国展開型かローカルかということがありますが、auひかりの方が範囲は広いです。しかしその分回線がパンクするリスクもあるということがあります。

ドコモ光やソフトバンク光ほどではないのですが、多少は回線がパンクするリスクがあります。eo光は昔は回線速度が単純に遅いという状況でした。関西ではフレッツ光と比較されるのですが、料金が安くても回線速度の理論値が遅いので使えないという状態です。

これは単純にeo光とフレッツ光との間に技術的な差があったからこそこの回線速度の理論値が違うということがあったのですが、現在ではインターネット回線技術が飽和しています。

現在では回線の技術レベルに大差は無い

なので地方の回線でも全国展開している回線でもたいして速度の理論値というのが変わらないという状況になっているのです。むしろ今ではローカル回線の方が実測は速いという場合も多いでしょう。

それには明確な理由があって、全国展開している業者の方が回線が混雑する可能性が高いという理由になります。そもそもの顧客になりうる分母数が大きいということもあるのですが、全国展開している業者はより顧客を獲得したいという方針が強いので、回線がパンクしても顧客を獲得するというように営業を行っています。実際に家を訪れてきたということや電話営業が来たという人も多いでしょう。

料金について|eo光

月額料金に関してはeo光は昔は業界トップクラスに安かったのですが、今は光コラボレーション業者も格安で回線を提供しています。むしろ今だからこそキャンペーンなどを積極的に打ち出しているということがあります。

フレッツ光から顧客を取りたいということでやっているのですが、積極的に営業を掛けなければそれは難しいということになります。日本のインターネット回線は優れているので、どこの業者を利用してもある程度は料金が安くて回線も安定して速いということになります。

そうするとわざわざ他の業者に移行するのも面倒なので不要かもしれないということになります。テレビコマーシャルやインターネット上の広告を載せてもそもそも興味を持たない人が多いでしょう。

営業のやり方

もともとインターネット回線がない状況で、欲していれば営業を掛けなくても売れるのですが、フレッツ光のユーザーに対して光コラボレーションを売るためにはかなり積極的に売り込まなければ関心を引けないということになります。

なので多くの業者が積極的に営業を行っています。また、契約に関しても判断する時間を与えるというよりは、流れで契約させようとするところがあります。

今と何も変わらない状況で料金だけが安くなるというように営業を掛けるのですが、それはケースバイケースです。

訪問営業や店員さんの話には注意しよう

確実に営業の人の言っている話が真実とは限らないので、営業が来てもいったんは切って、あとから自分でインターネットを活用して調べて判断した方が良いでしょう。

店舗での店員の話や営業の人の話というのは良いことしか言いません。顧客に対して適切な情報を提供することではなく、売り込むための情報提供が仕事なので、当然その情報は偏っているのです。

さらに顧客の判断力を奪うかのように営業は畳みかけます。まずサービスの内容をざっと良い点のみ説明していき、そのまま契約の流れを説明しながら実際に進めていくようなことをします。途中で電話番号や生年月日の確認を勝手に始めるという場合も多いので、そこで違和感を感じたらやめた方が良いでしょう。後から自分で検討して、サービスが必要であれば再度自分から連絡するというようにすると良いです。情報に関しても進行に関しても相手に主導権は渡さない方が良いでしょう。

店頭で契約すること自体が微妙

営業の人や店舗の人に任せると当然自分ではなく売り上げに貢献する形で話が進みます。後からやっぱりサービスを購入したくないと思っても、解約するには違約金が発生します。

これはお金の無駄なので、事前によく検討するということが必要になります。インターネット回線に限った話ではないのですが、契約を結ぶ際には自分でよく調べるということが重要です。

それは人に聞くというのではなく、業者のサイトを見て内容を確認するということや、口コミなどを比較するということになるのです。

契約の決め手は「口コミ」

上述の通りサービスを売り込む人に質問してもあまり意味がなくて、聞くとすればより具体的な話でしょう。しかし聞いてもそれが良いものかどうかの判断は口コミなどを見なければ判断できません。

そして相対的に良いものかどうかは他の業者との比較で決まるので、インターネット上で客観的な意見を見るということです。売る人の意見で判断するというのは明らかに間違いです。

昔、詐欺に合う被害者などが多かったのは、客観的な情報を得るすべがなかったということで、現代で詐欺被害にあう人がいるとすれば、その人はインターネットを活用して適正に情報を得ていない可能性が高いでしょう。もちろん騙す人が一番悪いのですが、騙される方も実は悪いです。

現在ではネットで簡単に調べられる

繰り返しですが、昔はインターネットもなかったので、それが詐欺かどうか判断するすべというのが少なかったでしょう。今はまずは調べるということです。似たような事例が過去にあったのであれば情報が見つかります。

逆にまったく情報がないことの方が珍しいくらいです。なので、調べるということはもはや習慣にした方が良いくらいです。

なんでもインターネットで調べると頭を使わなくなるということを言う人がいますが、それならばインターネットでより上位の情報を得るということや、より多くの情報を得るようにすればよいでしょう。

たとえば図書館で調べるのが良いという人もいますが、その手間はインターネット上で同じ手間を掛ければより情報は入手できます。なので便利なものをあえて使わない理由はまったくありません。

ネットを駆使すれば少ない労力でいろいろ分かる

同じレベルの情報を得るのであれば、インターネットで検索するよりも図書館で調べた方が頭を使うかもしれませんが、その図書館で使う労力をインターネットで使えばより情報が入手できるということになります。

キャンペーンなどの情報もこのように得ていけば良いでしょう。現代社会においては情報を得ないということは圧倒的に損です。

インターネット回線にしても保険などにしても身近な便利なものについては情報収集をいったんしておけば、次回からはちょっと見れば既存の情報に当てはめてわかるということになります。

auひかりのキャッシュバックキャンペーン

新規での申し込みは、auひかりが積極的にキャンペーンを打ち出しており、キャッシュバックが40,000円というものもあります。

今はサービスを売り込んで顧客を獲得したいということで営業しているので、キャッシュバックも高めに設定しています。

eo光は顧客獲得にそれほど積極的ではないのでキャッシュバックなどは高めには打ち出していませんが、もちろんありますし、料金の割引サービスもあります。ましてや、回線も安定していますので結局はオススメの回線だということになります。