eo光とフレッツ光を比較してみた|キャンペーンや月額料金、割引など

eo光か、それともフレッツ光か-。

関西の人なら一度は悩む、この選択。月額料金や申込み時のキャンペーンなど、どっちがお得なのでしょうか?この記事では、そういった悩みを解消する内容となっています。要点だけを掲載していますので、簡単にサクッと読み進められます♪

ネット回線選びの参考になると思います!

フレッツ光といえば

フレッツ光といえば最も有名なインターネット回線と言っても過言ではないかもしれません。最近では光コラボレーション(光コラボ)のようなサービスも誕生していますが、これらの元の回線はフレッツ光です。

フレッツ光の月額料金は比較的高めなのですが、回線速度が速く、混雑もしにくいといった利点があります。ユーザー数はもちろん多いのですが、それでも混雑しないというのは回線規模が大きいからです。

光コラボの良いところは、フレッツ光の安定した通信速度を保ちながらも料金はフレッツ光よりも安いところです。

光コラボで有名なのはOCN光やドコモ光

OCN光なども全国的に大きい業者なのですが、ユーザー数を増やすことばかりに力を入れ過ぎて回線がパンクしました。速度制限を導入するというような話も出ているのですが、さすがにそのようなことをすればユーザーは離れていくでしょう。

ユーザーがよくわかっていないというのをいいことに速度制限をするという業者が多いのですが、さすがにインターネット回線を速度制限するというのはまずいでしょう。現代社会のネット環境にまったく見合っていません。なので速度制限には注意が必要ということになります。

格安SIMでは速度制限が多い

携帯電話は速度制限を導入している業者も多いのですが、そのことがあるので格安SIMの方がお得ということがあります。料金が高いなりのメリットというのがあれば良いのですが、ソフトバンクやドコモやauは速度制限があるので、それなら格安SIMの方が良いでしょう。

速度制限なしで携帯回線を使えるというのであれば当然メリットがあるのですが、わざわざ速度制限されているものに高いお金を掛けるというのは微妙です。そもそも速度制限というのは、回線を他の業者に売るというためや新規に顧客を獲得するために行っているものです。

それが悪いというわけではないのですが、高いお金を支払って制限されるというのはかなりもったいないでしょう。格安SIM業者の回線も速度の制限は安いのですが、安いというメリットがあります。

ポケットwifiとの組み合わせ

また、ポケットwifiと組み合わせれば制限がないということがあります。ポケットwifiでも回線の速度制限を設けている業者というのはありますし、契約時には制限がなかったにしても、途中で制限を設けてくるというような場合もあります。

これは契約書をよく読むと書いてあるのですが、業者の都合に合わせて回線を制限することも可能というように書いています。なのでどの業者がいつ回線の制限を入れてくるのかというのはわからないのですが、基本的には現状では制限がないという回線を選んだ方が良いです。業者のサイトだけ見ていてもいまいちわからないという場合もあるので、口コミやまとめてあるサイトで確認するということも行った方が良いでしょう。

eo光の関西での人気は高い

eo光は関西のローカル回線なのですが、関西ではフレッツ光よりも人気があります。それは安いということや、回線が関西に制限されているのでパンクするリスクが低いという理由があります。

全国展開している業者というのは、顧客獲得に力を入れており、またその結果回線がパンクするということが起こりがちです。地方のローカル回線の場合は顧客を増やすということよりもその地域で安定的な回線を作るということに力を入れているので、安定性は全国的な回線よりもむしろ高いということがあります。

速度・安定性

eo光も昔は安いけれども回線が良くないという状態だったのですが、期間を経て安くて速くて安定している回線に進化しました。今後もeo光は安定して速い回線を関西で届けるということで、全国展開に手を出すという予定はありません。

全国に展開した方が儲かるかもしれないのですが、そうすると回線はパンクする可能性が高いので、地方のユーザー満足度を最大化するために企業努力を行うというのはユーザーにとってはありがたいでしょう。

全国規模のマイナス点

回線の規模を拡大するというのは顧客にメリットがあるのですが、顧客数を増やすというのは顧客にはあまりメリットがありません。なので逆に言えば、ユーザー数が多いという理由では業者を選択しない方が良いです。

たしかに品質自体は良いかもしれませんが、回線が混雑して使いにくければ意味がないということです。また技術的には飽和している状態なので、地方でも全国ても理論値の早い技術を用いています。あとは速度は回線の混雑度の問題が大きいでしょう。

eo光とフレッツ光との料金の違い

料金的にはeo光とフレッツ光では月額で1,000円以上異なります。なので関西に住んでいる人の場合はeo光にメリットがあるでしょう。安いのですが、回線も最近は安定して速いということで逆にデメリットがありません。最近の回線業者というのは数年間の契約を結ぶということが必要なのですが、期間内に解約した場合には違約金が取られます。

なのでeo光を契約する場合には数年間関西に住むことが必須です。月額が安くても違約金が掛かると意味がないので、先の引っ越しのことは考える必要があります。逆にフレッツ光の場合は全国の9割のエリアをカバーしているので、引っ越しても違約金を支払う必要がありません。

引越し先にも回線をそのまま引き継ぐということが可能になります。またフレッツ光はエリアによって回線速度が極端に変わるということはないので、引き継いだのは良いけれど前のようにはスムーズにつながらないというようなこともありません。

 

eo光とフレッツ光のキャンペーン

キャンペーンに関しては、どちらも時期によって扱っている内容が変わるのですが、フレッツ光はそういったものは少なめです。光コラボなどの法人営業に力を入れているので、個人の方が申込んでもキャッシュバックなどのキャンペーンはありません。その点、eo光は現在申込むと商品券が貰えます。戸建てタイプで15,000円、マンションタイプで5,000円。また、最初の1年間は1,081円/月が割引されます。

 

最後に

光コラボレーション業者がキャンペーンを積極的に行っているのは、フレッツ光やeo光などの業者から顧客を獲得するということが目的です。違約金を肩代わりするというようなことも行っています。

ただキャンペーンというのは要するに安くなるということで、それをより目立つように宣伝しているということになります。なので、フレッツ光がキャンペーンをあまりやらないのはそのような宣伝をしなくても顧客が集まるからということがあります。実際にはフレッツ光に申込むメリットは今現在では無いですが、昔のままの感覚を持っている人はフレッツ光に申込んでしまいます。

付け加えですが、eo光はauスマホの利用者にお得なサービスというのを行っています。auスマートバリューが適用されるので、スマホ1台あたり最大2,000円/月の割引が可能。そういった意味でも、eo光のほうが断然お得ですし、auの利用者ではなくてもeo光のほうがオススメです。

>>eo光のお得なキャンペーン詳細はこちらから