似ているようで違う京都のお寺”金閣寺”と”銀閣寺”|それぞれにどんな違いがある?

金閣寺と銀閣寺と言えば、日本人であれば誰もが知っている京都の有名なお寺ですね。中学校や高校の修学旅行でも人気の行き先で、とても馴染み深いお寺です。

けれども、金閣寺と銀閣寺ってどんな違いがあるのかについては、あまり知られていません。まるで兄弟のように思われる2つのお寺ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、金閣寺と銀閣寺の秘密を1つづつ紐解いていきましょう。きっと京都に行きたくなること間違いなしです。

金閣寺の歴史

まずは金閣寺から見ていきましょう。金閣寺の正式名称は「鹿苑寺」と言う名前で、あの有名な黄金の建物は「舎利殿」と呼ばれます。

お寺の創建は応永4年(1397年)の室町時代です。室町幕府の3代将軍足利義満によって創建されました。

鹿苑寺の主役である黄金の舎利殿は3階建てで、1階に仏像と創健者の足利義満の像が安置されています。2階は武家様式の造りとなっており、観音像が安置されています。最上部の3階には仏舎利が安置されます。

しかし、現在では黄金に輝く舎利殿ですが、昭和25年に修行僧の放火により全焼してしまいます。現在の舎利殿は昭和30年に再建されたものです。舎利殿の周りには、大きな池がめぐらされ、池の周りを歩いて庭園の美しさを鑑賞します。

このような庭園の方式を「池泉回遊式庭園」と呼び、室町時代を代表する庭園形式のひとつとされます。

銀閣寺の歴史

次に銀閣寺を見ていきましょう。銀閣寺の正式名称は「慈照寺」と呼ばれます。銀閣寺として知られている有名なあの茶色い建物は「観音殿」という名前です。

創建は延徳2年(1490年)の室町時代で、創健者は室町幕府の8代将軍足利義政で、金閣寺の舎利殿を模して造られました。

 

銀閣寺は金閣寺とどこが違う?

金閣寺との大きな違いは、まず見た目です。銀閣寺の観音殿には銀箔が張られておらず、金閣寺と比べるとシンプルで落ち着いた印象です。

これは、銀箔が剥がれ落ちてしまったという訳ではなく、創建当時から元々銀箔は張られていなかったようです。また、2階建ての建物であり、1階は住宅風の造りで2階は観音像を安置する仏堂になっています。

銀閣寺の庭園も金閣寺と同じく池泉回遊式庭園です。江戸時代に改修が行われており、室町時代の面影はほとんど残っていません。

いかがでしたか。金閣寺と銀閣寺、どちらのお寺もそれぞれの良さがあって良いものですね。キラキラして優美な金閣寺、シンプルで物静かな銀閣寺、それぞれの風情を残しながらこれからも京都の顔として、多くの人を楽しませてくれるでしょう。